小諸 里山の愉しみ

satoyama06.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2009年 11月 06日 ( 1 )


2009年 11月 06日

漆喰壁に柿

b0120165_21451922.jpg

本日、その昔小諸藩における天領だった御影(みかげ)方面に出かける用がありまして、その古格な集落の中を、例によって口を開けて走っておりますと、堂々たる漆喰壁の前によく熟れた柿!蒼山庵さんみたいな写真を撮ってやるぞ!と思って撮ったのが、これです、これ。ははは。
しかし、この土蔵の漆喰壁、ちょっと大げさに褒めてやりますと、日本の美意識を養った陰の立役者の一人じゃないでしょうか。だって、この白壁をバックにして似合わない物を探すなんて、難しい!ことににっぽんの里の風景を作る大立て者、柿と組めば、もうこれは完璧と言って良いでしょう。(よだ かきにかべ すろうい記す)
 

by satoyama-06 | 2009-11-06 22:42 | 風光土