小諸 里山の愉しみ

satoyama06.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 01月 22日

すろうりぃの朝

みなさんこんにちは。
お久しぶり小娘です。

今朝、のんにもだっこ方式ごはんをあげ(これはまた後日お話します)
行動を開始するかーと思ったら
薪ストーブの前を陣取って珈琲片手に本を読み込むすろうりぃ氏の姿。

b0120165_9322519.jpg


何やら熱心に読み込んでいる様子。
私自身「もっと読書しなきゃなぁ」と意識的に読書をするようにしているので
そんな私からしたら輝かしい父親の姿ではありませんか。
「そうだ、このすろうりぃ氏ってのは仕事はまぁ遅いし浮世離れした人間だが
少しでも時間を見つけたら本を手に取る、こういう面っていうのは改めて見習うべきだ」
とか、えらくすろうりぃ氏の背中に感動していた小娘。

さてそんな輝かしい父親は何を読んでいるのかと覗き込む。

b0120165_9325410.jpg


んー・・・くも?ばった?
しかも左側にはパリの地図。
私が使い込んだパリの地図をさては栞にしておるのか!?
この際それは置いとくとします。
もうすこし近づいてよーく見てみる。

b0120165_9331375.jpg


「こん虫の祖先」
私は、絶句した。

だまされたー!

やられたー!
これなら私だって毎朝読める・・・
すろうりぃ氏のいかにも「読書してますよ」オーラにだまされたー!
「ん、どうした?」と写真を撮られていることに気づき平然と聞くすろうりぃ氏。
「いや、読書してる姿が素晴らしいので撮っていました」
なんて言えずに「いや、ちょっと。」という小娘。
1枚目の写真は本当に「見習いたい背中」と思って写真を撮ったつもりだったんです。
まぁでもたとえ昆虫図鑑でも本を手に取るという行為は一緒なんですけどね。


そんな今朝でした。
ただ今開催中の「てくてくとことこ展」に足を運べない方もいるでしょう。
なので近日中に展覧会の様子を少しお見せします。
楽しみに!

めばちこ(みなさんはものもらい派ですか?)で目が重いことを読書がすすまない理由にする小娘でした。

by satoyama-06 | 2012-01-22 09:40 | 人物


<< てくてく とことこ 展       ひきつりの笑顔 >>