小諸 里山の愉しみ

satoyama06.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 03月 23日

祈るということ

b0120165_10025100.jpg

(in paris)

みなさま、おはようございます。
だいぶ久しぶりな小娘です。
2月の頭から最近まで放浪してきました。
そこで出会ったものやこと、思ったことをここに残したいと思います。

私はフランスから始まりスペイン、イタリア、ハンガリー、ポーランド
オーストリア、チェコ、ドイツ、イギリスとまわってきました。
それぞれの国で沢山の出来事がありましたが
真っ先に話したいのはイギリスはロンドンでの出来事。

私はスーパーに買い物に行きました。
そしたらスーパーの前に一人のホームレスの男性が缶を片手に座っていました。
ほんの気持ち缶にお金を入れると男性は
「あなたはどこから来たの?」と聞いてきました。
私は「日本です」と答えたら
男性は唇を強くかみしめ、私に「なんて言ったらよいのだろう」
と言って少し黙りました。
男性が何か喋るのを待っていたら男性は何も言わずに
天に祈りを捧げていました。
「あなたが無事で帰り、あなたのまわりの人も無事でいますように。
そして日本が救われますように」
と天に向かってアーメンをしてくれました。
英語でうまく言えなくて男性に伝えることができませんでしたが
きっと、あなたの祈りは日本に届きます。
と私は言いたかったです。でも私はただ深くお辞儀をして宿に戻りました。
帰り道は涙をこらえるのに必死でした。
海外でも沢山の人に心配してもらったり声をかけてもらいましたが
この男性の祈りは全く別ものでした。
文章では伝えきれないあの人の祈りの深さは一体どこからきているのでしょうか。
ただただ今の日本はこうして支えられているんだ、と思えました。
このブログであの男性の祈りを一人でも多くの人に届けたいと思ったのです。


そしてそして春がきた、カノンに春がきた、ということで
新しい命の誕生とは嬉しいことですね。
去年カノンが妊娠した時、子やぎが生まれるまで気がつかなかったすろうりぃさんも
今回は早々知っているのだなぁと少し笑ってしまいました。
去年生まれた子やぎちゃんの名前はあぽろちゃん。小娘が命名。
ほぼ誰にも知られていない(笑)
あぽろちゃんにも妹か弟が生まれるよ、と報告してあげねばならないですね。
子やぎの可愛さといったらたまったもんじゃないですよ。
大きくなっても可愛いもんですがね。
早くニューフェイスに会いたいなあ。

ではでは取り急ぎ無事帰国のご報告まで。
(出国の報告してないのに笑)

by satoyama-06 | 2011-03-23 10:01 | 芸術・文化


<< お花のなかのロバ      いのち >>