小諸 里山の愉しみ

satoyama06.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 11月 20日

ご無体な!

しばらくうちの美大生女子の記事がお休み状態ですが、ひどくハードルが高かった課題になんとかパスしたようで、(まだ全課程ではないそうですから気は抜けないそうですが。)それではブログの読者の皆さん、お待ちかねなんだから、書けよ、などと思っていた矢先の昨晩遅く、ファイル添付のメールが来て、担当教授に提出した文章で、にほん語自体がおかしいと言われたので、直ちに見て、添削せよと、まあ、こうなんでございますよ。うちの女性陣ときたら皆このようで。
読むと、確かにあちこち文法的に整理されていない感じで。これを直し始めていると、今日中に、担当教授に提出(もちろんメールでですよ。)し直さなきゃならないんだ。あと、五分、三分などと、秒読みみたいなことまで始めるんです。まったく親使いの荒い娘で。
推敲する余裕もなく、せめて文法的な破綻がないように校正してやりますと、本当にこれで良いのかと今度は不安がる始末で。まあ、勉強のためなんだから、親でも使えるだけ使うがいいやと、午前近い時刻に呆れつつ思った次第でございます。
それにしても、その担当教授先生の熱意、すごいものですね。だから学生をして課題にパスするのにひどく苦労させるのに、(一回生のうちにパス出来ないのもざらとか。)慕われているんだそうです。(よだ ぶんぽうてきにだいじょうぶかな すろうりい記す) 

by satoyama-06 | 2009-11-20 23:27


<< 意識があるのが奇跡。      司馬遼太郎遼太郎 >>