小諸 里山の愉しみ

satoyama06.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 03月 17日

のんちゃん、二回目の命日

b0120165_21365330.jpg

本日はのんちゃんの二回目の命日でした。
本日たまたまお越し下さったのんちゃんをご存知のお客様ご家族とも、また初めてお越し下さったお客様とも自然と、ご一緒にのんの思い出話をして懐かしみました。いつまでも皆様に愛し続けて頂いて、本当に幸せな犬です。(よだ ぎんがてつどう すろうりぃ記す)
b0120165_21442116.jpg
 
photo and nuigurumi by Fujix

# by satoyama-06 | 2014-03-17 21:52 | あにまるず
2014年 03月 05日

雪かきは続くよ、いつまでも

b0120165_20474649.jpg

今週末のイベント,「街道を見る」と「土壁塗りワークショップ」のためもあって、本日も雪かきに精を出しました。
b0120165_2055484.jpg

日中多少汗ばむ程になりましたので、上着をベンチに掛けて作業をしておりますと、ベンチの上着どうしが挨拶 するのが聞こえて来ました。
「よう、精が出るなぁ。」「まあ、ぼつぼつです。」「はははっ。」「ははっ。」(よだ おれがせいだいてるんだよ すろうりぃ記す)

# by satoyama-06 | 2014-03-05 07:52
2014年 03月 02日

追想のんちゃん

b0120165_22461286.jpg

何気なくPCのデスクトップを見ておりましたら、のんちゃんの写真がありましたので、今回は意味もなくちょっと見返りのんちゃんの図です。永く一緒だったワンちゃんやニャーちゃんがいなくなるといつまでも寂しいものですね。
あの大雪で埋もれていた霊験あらたか「のんちゃん観音」のお社もここ二、三日の暖かさでやっとまた現れてきました。(よだ ののさまのんちゃん すろうりぃ記す) 

写真はtarukovsky さんです。

# by satoyama-06 | 2014-03-02 22:58 | あにまるず
2014年 02月 22日

上の雪・中の雪・下の雪

b0120165_1885444.jpg

上の雪 重たかろうな 
中の雪 上の雪の分まで重たかろうな
下の雪 上の雪と中の雪の分まで重たかろうな
(よだ ぜいぜい すろうりぃ記す)

# by satoyama-06 | 2014-02-22 18:11
2014年 02月 19日

えっ、なにっ?ですって。

b0120165_20141327.jpg

たくさんの皆さんに、「どうらくオルガン、大丈夫?」というご心配と大雪見舞いのご連絡を頂きましたが、この通り雪原に凛々しく立っています。
今日,尚猫さんがお手伝いに来て下さって、ゲルから「征三ハウス」を経てどうらくオルガンまでの道を掘って下さいました。
そこで、間近まで行って「おーい、どうらくオルガーンよぅ、どうだぁ?」と訊きますと、「えぇ?、何?何のこと?」と訊き返される始末。さすが越後は十日町生まれです。1メートル程度の雪など目でも雪でもないんですね。う〜ん、あっぱれ。(よだ ゆ〜きやこんこ すろうりぃ記す)
Photo by こぎつね天文台長    

b0120165_8593617.jpg


がんじきで歩いて来た剛さん。
小諸 里山工房もご覧下さい。
http://www.komoro-satoyama.com/

# by satoyama-06 | 2014-02-19 20:41 | どうらくオルガン
2014年 02月 16日

この白い道を

b0120165_17493469.jpg

こんな白い道をこどもの頃妹の手を引いて学校に通いました。

と、昔からこの一文をぜひ言ってみたかったのです。実のところ妹なんかいたためしはないのですが。
多分わたくしが小学生か中学生頃ではないかと思いますが、「みんなの歌」で、ヴィヴァルディの「四季」の内の「冬」に日本語の歌詞が付されて歌われていました。その美しい静謐な旋律もさることながら、その歌詞中に「冬の白い道を歩く」というような箇所があり、怪しい記憶ですが映像には雪国のそんな白い道を幼い兄妹が歩いているというような場面がありました。
雪国の生活はそれは大変なことでしょう。だからこそそこで営まれるひとの暮らしは、ひときわ美しさ・健気さが引き立てられるのかもしれません。そんな健気さの象徴的な映像が、私めには白い道を手を携えて歩く幼い兄妹の姿に結晶しています。(よだ ふぃじかる・りりかる すろうりぃ記す)

# by satoyama-06 | 2014-02-16 18:26 | 想い
2014年 02月 14日

元H²Oの赤潮正樹さんとのビートルズ対談

みなさん、昭和の名曲の一つに数えられる『想い出がいっぱい』はご存知ですね。少なくともメロディと詩を聴けばすぐ分かりますよ。
さてその曲を歌ったデュオ元H²Oのお一人、赤潮正樹さんとは以前から楽しくお付き合いさせてもらっていますが、このたび赤潮さんとのビートルズ対談がユーチューブにアップされました。皆さん、よろしかったらぜひご覧になってみて下さい。シリーズになっていくと思うのですが、その記念すべき初回として昨年11月のポールの日本公演が熱く語られています。
まだその対談の編集段階のものを最初に見せてもらった時、自分達のことながら、他人事みたいに、この人達ほんとにビートルズが根っから好きなんだなぁ!と、思わず好感を持ってしまいました。
まあ、何はともあれご一見下さい。撮影・編集は坂口賢一さん。(よだ すじがねいりふぁんの すろうりぃ記す)    
PS 対談では室内で着ていなくてもいい革ジャンなんか着ているのですが、これは公演に行った時の服装なんです。
http://youtu.be/Dgj4DkaDFAc
b0120165_1891994.jpg


# by satoyama-06 | 2014-02-14 18:13