小諸 里山の愉しみ

satoyama06.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 11月 25日

最初のお客様の快気祝い

b0120165_22423422.jpg

先日「素敵に住みなす暮らし」さんの快気祝いの手づくりのお赤飯、嬉しく美味しく頂きました。
二十年近く前のその日を改めて思い返してみますと,どくしょもり開店の直前の大わらわで作業をしている中、確かオーストラリアかカナダのご友人といらしたのでした。まだですとお答えしますと,開店したらきますとおっしゃってお帰りになりました。その場面をよく覚えています。
開店の日(11月でした。)の最初のお客様は覚えていませんが,「素敵に住みなす暮らし」さんが本当は最初のお客様だったのだなと、この頃遅ればせながらようやく気がつきました。改めて感謝申し上げます。あの日が昨日のようです。
今月でもう19年目に入りました。そして私たちののんも今月が誕生月で(と、推測していますが)めでたく13回目の誕生日を迎えることが出来ました。のんにも快気祝いのお赤飯を作ってやりたいものです。(よだ のんのたんじょうづき すろうりぃ記す)  

by satoyama-06 | 2011-11-25 23:16 | 想い
2011年 11月 23日

クヌギ林の男

b0120165_1955157.jpg

浅間の連峰を背景にした櫟(くぬぎ)の林です。
さて、よ〜っくご覧下さい。人がいますよ。素人なら震え上がる前にそもそも登れない高所で、作業をしてます!いやはや。
つい最近まで茨が蔓延り,蔓がまつわりついて息も絶え絶えだった林です。それがこんなに美しい林に生まれ変わりました。
さて、この人。里山工房主にして、「原のホタル守り隊」隊長。「小諸 里山を愛する会」会長にして,私たちの虔十公園林の會でも副理事長を務めて頂いているこぎつね天文台長です。
b0120165_19262258.jpg

この太い蔓の跡をご覧下さい!この写真の作業は、その蔓を切り落とす作業です。で、この大木を風光の美しさのために大事にするのはもちろんですが、ツリークライミングにも使うのだそうです。
この作業中にいらした方が,お前もツリークライミングするのかと訊きますので,肝を冷やして、見ているだけで胸が一杯ですと答えたものでした。(よだ あさまとくぬぎばやし すろうりぃ記す) 

by satoyama-06 | 2011-11-23 19:37 | 人物
2011年 11月 11日

あの夏の日

b0120165_20162465.jpg

あの夏の日が蜃気楼のように思われます。
季節が過ぎればその季節が懐かしい。(よだ あきがすぎれば すろうりぃ記す)

by satoyama-06 | 2011-11-11 21:07 | 想い
2011年 11月 09日

土壁の楽しみ2

b0120165_2025037.jpg

皆さんお待ちかね!だったらいいなぁ土壁蘊蓄(うんちく)講座です。
丁寧に平らに塗られています。塗られた時には綺麗な白壁かと思われるほどだったでしょう。それがおそらく乾くまで一週間程のうちには大きくひび割れて。
この大きくてリズムを感じさせる、意匠かと思わせる規則的な割れ方は、この粘土が良質であるとともに川砂との混ぜ方の割合が少ない(あるいは混ぜていないかも)ことを表しています。
そしてこの白っぽい色合い。これは通常地表には出ていない粘土で、ある程度掘っていくと出て来る、きめの細かい、より粘性の強い粘土です。池でも掘った時に出て来た粘土をそのまま使ったか、それとも田圃の土を使ったのでしょうか。それに対して、川砂をすくって来る余裕がなかったか、あるいは大きなひび割れも構わないと思って塗ったか。
塗られた瞬間が黙って閉じ込められた分、楽しい憶測がやみません。(よだ つちかべはかたる すろうりぃ記す)

by satoyama-06 | 2011-11-09 22:14 | 小屋・家屋
2011年 11月 07日

ノンの近況報告

b0120165_2301990.jpg

のんの報告、しばらくご無沙汰でした。
御陰さまで安のんに晩秋の穏やかな日々を過ごしております。現在は郊ガン剤の治療も終え、痛み止めだけの服用です。
安曇野へ通院した折、仁科神社に詣でて、うちの大學生女子が、かねてお目当てだったお守りを買って首輪につけてあげているのですが、先日通院しますと獣医さんに、お守りをつけてもらってますねと言われて、わけもなく嬉しく思ったことでした。(よだ まいにちたいせつ すろうりぃ記す)

by satoyama-06 | 2011-11-07 23:57 | あにまるず
2011年 11月 01日

納品ザ・机

b0120165_22352553.jpg

先日の組み立て机、このように納品・供用と相成りました。
我ながらどや顔的気分、混じってるかも、とは思うのですが,それにしても納品先で喜んで使われ始めれば、理屈抜きに嬉しいものです。(よだ べんがくもすすみますように すろうりぃ記す) 

by satoyama-06 | 2011-11-01 23:03