小諸 里山の愉しみ

satoyama06.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 28日

お花のなかのロバ

b0120165_2236347.jpg

   写真 蒼山庵さん、御牧ケ原地図 空と丘と森の歌より
お花の中、ロバが静かに草を食んでいます。何事もなく安穏な一日が何と貴いことか、思い知らされます。
(よだ あるとしのなつのいちにち すろうりぃ記す)

by satoyama-06 | 2011-03-28 22:47
2011年 03月 23日

祈るということ

b0120165_10025100.jpg

(in paris)

みなさま、おはようございます。
だいぶ久しぶりな小娘です。
2月の頭から最近まで放浪してきました。
そこで出会ったものやこと、思ったことをここに残したいと思います。

私はフランスから始まりスペイン、イタリア、ハンガリー、ポーランド
オーストリア、チェコ、ドイツ、イギリスとまわってきました。
それぞれの国で沢山の出来事がありましたが
真っ先に話したいのはイギリスはロンドンでの出来事。

私はスーパーに買い物に行きました。
そしたらスーパーの前に一人のホームレスの男性が缶を片手に座っていました。
ほんの気持ち缶にお金を入れると男性は
「あなたはどこから来たの?」と聞いてきました。
私は「日本です」と答えたら
男性は唇を強くかみしめ、私に「なんて言ったらよいのだろう」
と言って少し黙りました。
男性が何か喋るのを待っていたら男性は何も言わずに
天に祈りを捧げていました。
「あなたが無事で帰り、あなたのまわりの人も無事でいますように。
そして日本が救われますように」
と天に向かってアーメンをしてくれました。
英語でうまく言えなくて男性に伝えることができませんでしたが
きっと、あなたの祈りは日本に届きます。
と私は言いたかったです。でも私はただ深くお辞儀をして宿に戻りました。
帰り道は涙をこらえるのに必死でした。
海外でも沢山の人に心配してもらったり声をかけてもらいましたが
この男性の祈りは全く別ものでした。
文章では伝えきれないあの人の祈りの深さは一体どこからきているのでしょうか。
ただただ今の日本はこうして支えられているんだ、と思えました。
このブログであの男性の祈りを一人でも多くの人に届けたいと思ったのです。


そしてそして春がきた、カノンに春がきた、ということで
新しい命の誕生とは嬉しいことですね。
去年カノンが妊娠した時、子やぎが生まれるまで気がつかなかったすろうりぃさんも
今回は早々知っているのだなぁと少し笑ってしまいました。
去年生まれた子やぎちゃんの名前はあぽろちゃん。小娘が命名。
ほぼ誰にも知られていない(笑)
あぽろちゃんにも妹か弟が生まれるよ、と報告してあげねばならないですね。
子やぎの可愛さといったらたまったもんじゃないですよ。
大きくなっても可愛いもんですがね。
早くニューフェイスに会いたいなあ。

ではでは取り急ぎ無事帰国のご報告まで。
(出国の報告してないのに笑)

by satoyama-06 | 2011-03-23 10:01 | 芸術・文化
2011年 03月 21日

いのち

b0120165_2135812.jpg

まだこども時代のカノンです。早いもので、もうじき二度目のお産です。
いのちは美しく切なくて、そして尊い。(よだ ああ、はやく すろうりぃ記す)  

by satoyama-06 | 2011-03-21 21:19
2011年 03月 20日

出来る事は

b0120165_1391351.jpg


読書の森で、なにかできないかと考えていましたら、
すろうりぃさんもたまたま同じ考えだったのですが、
うちで1家族ぐらい避難して来ていただけたらと
考えています。すろうりぃさんは2家族と言ってますが、
たいしたことは出来ないのですが、
10人集まればたとえ10家族でも暖かい暮らしだけは
出来るのではないかと、
私なりに動いています、
市会議員の方、市役所の方、大きな仕事をしているかたに
お願いしています。
何かいい方法がありましたら教えてください。
  読書の森のよだめぐみ

by SATOYAMA-06 | 2011-03-20 13:10
2011年 03月 14日

畏怖

b0120165_22324816.jpg

あの11日金曜日の次の日、12日朝の浅間です。
何事もなかったかのように春の霞立つ中に鎮まっています。
悲しいくらい美しい。
この浅間も天明年間には世界中の天候に異変をもたらすくらいの
大噴火大災害をもたらしました。
畏れかしこみ、畏れかしこむべし。
生死の際どい淵に立つ私たちですもの、労りあい励まし合い、助け合って
まいりましょう。(よだ すろうりぃ ちゅうしんよりもうします。)

by satoyama-06 | 2011-03-14 23:02 | 想い
2011年 03月 09日

みすず忌2011

  弁天島

       金子みすゞ

 「あまりかわいい島だから
 ここにはおしい島だから、
 もらってゆくよ、つなつけて。」
 北のお国の船乗りが、
 ある日、わらっていいました。
 
 うそだ、うそだと思っても、
 夜が暗うて、気になって、

 朝はおむねもどきどきと、
 かけてはまべへゆきました。

 弁天島は波のうえ、
 金のひかりにつつまれて、
 もとの緑でありました。


この詩は、みすゞさんが、故郷の長州山口縣は仙崎という、美しい海を持つ港町を歌った「仙崎八景」という一連の詩の一つです。わたくしにもいつか、我が愛する御牧ヶ原を歌ったこんな詩に恵まれたらいいなと思うのです。(よだ むりとはいわずにねがう すろうりぃ記す)  

by satoyama-06 | 2011-03-09 22:38 | 詩歌
2011年 03月 02日

「みまき」「ゴールデン」「映画祭」

さあ、早くも黄金週間のイベント告知ですよぉ。でもタイトルの文字通り「文字」のみ。
b0120165_2283568.gif

b0120165_229127.gif

b0120165_2210987.gif

b0120165_22114548.jpg


(よだ ぽすたーもおたのしみに すろうりぃ記す) 

by satoyama-06 | 2011-03-02 22:22