小諸 里山の愉しみ

satoyama06.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 31日

新春 描き初め

b0120165_738937.jpg


版画は田嶋 健さんです。
さあ、いよいよ歳の瀬もカウントダウンの時期になりました。
今年一年御愛顧頂き、ありがとうございました。
早速アクティブに新春企画ですが、ヴィーナス画塾で
1月3日午後一時より「新春描き初め」を行います。
善男善女の
皆さん、けしてごえんりょはありません。
たくさんお越し下さい。



うさぎ語録 どれが本当??

by satoyama-06 | 2010-12-31 07:41
2010年 12月 26日

呆れた話

数日前、お世話になった歯医者さんから、定期検診のお勧めのはがきがまいりまして、家人Aさんが検診お勧めの面を上にしてテーブルの上に置いておきました。かわいらしいイラストなど使った紙面で、痛い事しないよってアピールしています。
さて、何気なく裏返しますと,見るも汚い宛名の文字!これは酷いな,こういうところで、その顧客に対する真摯さ・真面目さが見られてしまうなと思った二瞬後くらいに、これは自分が書いた宛名だった!ことが思い出されました。もう呆れるやら呆れるやら呆れるやら。呆れ果てました。もちろんそんな呆れ果てた文字など皆さんにはお見せ出来ませんから,今回の記事は写真なしです。(よだ あ〜われながらもう すろうりぃ記す) 

by satoyama-06 | 2010-12-26 22:39 | 想い
2010年 12月 24日

リッチ!

b0120165_22401742.jpg

故最高さんとは薪仲間でもあって、薪をたくさん積むと金持ちになったような気がするとよく笑い合ったものですが、どうしてかな?と本日の薪割り作業の後考えてみました。
ことは簡単で、薪をたくさん用意して炊くと冬の寒い中、暖かかったり、風呂で炊くと何とも柔らかみのある湯に浸かれるけれども、現金や通帳は人間(じんかん)での約束事ですから、これで暖かさや「極楽、極楽〜!」の身体感覚がよび起こされるなどありっこないですものね。薪はいわば、原初的なリッチ感覚を取り戻す「お金」です。(よだ  あったかいのぉ すろうりぃ記す) 

by satoyama-06 | 2010-12-24 23:11 | 想い
2010年 12月 20日

ロケ無事終了

b0120165_22114062.jpg

ロケ終了。
素敵な場面・シーン・思い出と友情をたくさん残してロケ終了。今朝は宿の駐車場で別れを惜しみました。優れた映画が生まれることを心から祈ります。(よだ  すいすじんだいすき すろうりぃ記す)

by satoyama-06 | 2010-12-20 22:50 | 芸術・文化
2010年 12月 17日

ロケ風景その弐(革ジャンも)

b0120165_21483791.jpg

本日は農大構内直ぐ近く、御牧ヶ原でも標高がほぼ最高という地点、特に浅間の連峰を仰ぎ見たパノラマは絶景,浅間の連峰を独り占め!といった場所でのロケでした。映画ではさらにどんな場面に仕上がってくるのか,皆で楽しみにしましょう。そしてもし私たちの願いが叶うなら,茨海小學校跡地でこの『イゴール』の屋外大映写會が開けたら、と思っています。と言いますのも,主役を張ったジグにも見せたいからです。
序でにつまらない自慢ネタですが、俳優さんの一人が着ていらっしゃる革ジャン、これはすろうりぃのです。俳優さんがその場でふっと自分のよりそっちの方がと思って、その革ジャンを貸してほしいとおっしゃいますので,喜んでお貸ししました。これもいきなり海外デビューです。皆さん,この映画をご覧になるときにはこの革ジャンもお忘れなく!
b0120165_22255144.jpg

これは出番を待つ「農民」エキストラの皆さんのスタンバイ・スナップです。健気な緊張感を持って監督の「action!」(アクション)の声を待ちます。(よだ みんなでせいこうさせようろけ すろうりぃ記す) 
追記 ロケ残り日程 (どくしょ森関係)
        18日(土)pm1時(もちろん予定ですよ。)茨海小學校跡地
        19日(日)pm4時(もちろん予定ですよ。)農大構内近く(本日と同じロケ地)

by satoyama-06 | 2010-12-17 22:44 | 芸術・文化
2010年 12月 16日

「苺畑でつかまえて 2010」

b0120165_226464.jpg

本日は映画「日本のイゴール」(仮題)のロケ中、うちのジグ(配役名は「イゴール」ですよ。)の出番がない日,つまり当方にはオフの日で,ではそのオフ日を利用してこの前の日曜日の「苺畑でつかまえて」についてご報告致します。
會場は、レノン夫妻に由緒深い軽井澤は万平ホテル。その入り口に私たちの畏友柏木正二さんの繪画が飾られ,もうこれだけで期待度200%!実物の迫力は凄い。写真を撮る人引きも切らずの状況でした。
b0120165_22272329.jpg

写真が下手で残念ですが,このステージの中央で歌っていらっしゃる方が,この企画の張本人Teaさんです。ステージは基本的に三部からなり,オープニングはこのTeaさんご本人がメインフィーチャリングされた、ビートルズ中期の楽曲をテーマにしたステージでした。このTeaさんご本人のパフォーマンスの力量というのは,もう誰が見てもプロそのものですが、その方がアマチュアでやっていらっしゃるんですね。恐るべきアマというべき方です。しかもこの方のさらに凄いのは,このように優れた企画を毎年企画し、実施してきたことです。このステージのための準備たるやどれほど、綿密で完璧なものであったか、当日のステージからも大勢のスタッフのよく統御された動きからもよく分りました。終始脱帽!状態でした。
b0120165_2248599.jpg

さあ、三枚目のこの写真は、今や伝説的なワシントンDCのシェアスタジアムライブの「完全」コピーパフォーマンスでした。これって、その言葉通り入場から退場まで,演奏(当のビートルズが間違えたところまで完璧コピーですよ!そこまでする?!)はじめ、すべて完璧コピー!しかもですね、ポール役のベースまで,左仕様。ああ、すごいなあ。
その他にも、見応え十分なジョンの生涯の寸劇も挿入されており、ビートルズ・ジョンについて総合的な、しかも完成度の極めて高いステージでした。
そして最後に、しかも一番に評したいのは、レノン夫妻とビートルズに対する「苺企画」の皆さんの愛の深さについてです。縷々申しましたし,もっともっと申したいのですが,要はこの一点です。(よだ いちごきかくはえいえんに  すろうりぃ記す)

by satoyama-06 | 2010-12-16 23:23
2010年 12月 15日

ロケ怪調・快調

b0120165_22251941.jpg

ロケ初日です。が・・・早速トラブル続出。ああ、皆さん,お気の毒にお昼にありつけたのは一時過ぎでした。
ここしばらく監督さんと小諸フィルムコミッションさんとの綿密な打ち合わせを間近で拝見していて、「仕事というのは段取り八分」というのは本当だなと感嘆しておりました。しかし、それでも想定外の事態というのは出来(しゅったい)するんですね。しかもそれが折り重なって!というお話ですから、お気の毒でした。ですが、それにも動じずに着々仕事を進めていく強かさには敬服致します。しかも監督・スタッフの皆さんにとっては異国の地ですものね。プロフェッショナルです。
また、今回の映画ロケの取材の多さにも驚きます。地元メディアはもとより、県内大手新聞社、放送局が連日取材にお越しになっていますから、そんなにすごい事なんだ!と改めて,驚きます。それなら尚のことできるだけは応援しなくっちゃ!と思います。
午後はこぎつね天文台でのロケで,ジグには初の映画出演です。すろうりぃの事前の演技指導がよかったので、(えへへ)監督さんにもOKを貰えました。
しかし、思ってみますと,ロバの運命も不思議ですね。いつもいつも頭を垂れて粛々と草を食むのを唯一最高の楽しみにしてきたジグがいきなり国際デビューです!こんな事はあの、ええと、AKB48(でしたっけ?)でもできないでしょ?(よだ くらべるのもおろかな すろうりぃ記す)
追記 この味わい深い茅葺きの小屋自体が、「こぎつね天文台」ではありません、念のため。

by satoyama-06 | 2010-12-15 23:37 | 芸術・文化
2010年 12月 13日

ロケ間近

b0120165_21281461.jpg

いよいよロケ間近。本日はNHK長野の取材・インタビューもありました。放映は17日夜8時「知るしん」です。信州にお住まいの皆さんは、是非ご覧下さい。信州以外にお住まいの方は残念!(よだ みんなでみようえぬえっちけー すろうりぃ記す)  

by satoyama-06 | 2010-12-13 21:29 | 芸術・文化
2010年 12月 10日

一遍に二つの話

b0120165_23144962.jpg

今年は言うまでもなく、「龍馬伝」の年でもあり、さらにトルストイ没後百年の年でもありました。
さて、先日たまたまうちの京都特派員が教えてくれた情報により、某NHKの「トルストイの家出」という番組を見ました。それはトルストイとその妻との手紙の朗読を中心にして、貴重な映像も散りばめた番組でしたが、何とその朗読をしたお二人が、「龍馬伝」で、吉田東洋役をつとめた田中 みんさん(さんずいに民の字なんですが、出ませんのであしからず。)と、大浦のお慶役を務めた余 貴美子さんでした。お二人ともすごい演技でしたね。長く沢山の方の記憶に残る名演でした。
そのお二人が、方や夫であるレフ役、方や妻のソーニャ役と、それぞれの日記を読み合う形でその家出から死、さらにそれから後の亡夫への愛憎交々(あいぞうこもごも)の追憶まで、それが朗読劇の体で進行しました。それが息をのむ切迫さで、その悲劇に突き進んでいく痛々しい過程が表現されていました。
どの道にもプロフェッショナルはいますが、そのうちのトップレベルというのは神業的だなと、賛嘆いたしました。(よだ りょうまととるすとーい すろうりぃ記す)  

by satoyama-06 | 2010-12-10 23:54 | 芸術・文化
2010年 12月 09日

ロケ日程

b0120165_20584730.jpg

映画のロケ日程、おおよそ決まりましたので、お知らせ致します。ロケにご興味のおありの方はどうぞ!但し天候等にも左右されますから、変更はありえますのでご了承のほどを。(よだ すろうりぃ記す) 
15日(水) 午後1時〜 於こぎつね天文台 ジグ出演
16日(木)  農大本部付近及び千曲ビューライン 午後4時過ぎ 相生町
17日(金) 午前5時〜 農大本部付近 午後4時〜農大本部付近 ジグ出演
      午後7時30分 小諸市 レストラン「車留夢」
18日(土) 午後1時〜 読書の森付属茨海小學校跡地 午後3時 相生町
19日(日) 夕方の4時ぐらいジグの鳴き声

by satoyama-06 | 2010-12-09 21:15