小諸 里山の愉しみ

satoyama06.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 30日

『トルストイの遺言』

b0120165_21572934.jpg

                       photo by Mr Coyama Nobuhiro
うちの美大生女子が、ユーチューブの映像にこんなのがあると教えてくれたのが、トルストイに関する某NHKで作られた番組で『トルストイの遺言』です。
早速観まして、正直な第一感想が、自分の學生時代にこの作家を集中的に讀んでおいて良かった!というものでした。
トルストイの晩年には露西亜国内に社会主義革命の機運がぐっと高まって来たのですが、これをばトルストイが、帝政露西亜の体制を改革すべきものとして厳しく論難するにしても、暴力という手段は決して許されない、またそのように国家的暴力をベースにしてできた権力は悪しきものであると訴えると、逆にレーニンに厳しく反論されたのでした。
しかし実のところ、没後百年経って、どちらの考えが正しかったのかは明らかに証明されているでしょう。その両者の生んだ一例ずつを挙げるとしても、ガンジーの無抵抗・不服従運動の流れを汲んでアメリカの公民権運動をリードしたキング牧師の思想と行動の淵源がここにあり、方や自国を強制『収容所列島』(ソルジェニーツィンの同名書による)にしてしまったその後の歴史があります。
現時点でトルストイの思想が完全無欠であるとはさすがに考えにくいのですが、良心に基づかなければすべてのことは無駄である!という根本の考えは真理であると身にしみているつもりです。
でも、夢想家とも理想家とも揶揄されながら、ず〜っと一貫してやって行くにはよほどタフでなくちゃやってられません!(よだ たふにいこう すろうりぃ記す) 

by satoyama-06 | 2010-06-30 22:41 | 芸術・文化
2010年 06月 29日

『絵本と木の実の美術館』にリンク!

b0120165_19335826.jpg

                                       photo by 小娘
数日前、田島征三さんの『絵本と木の実の美術館』(越後新潟 十日町市)のH・P担当の方から、突然の嬉しいコメントが飛び込んでまいりました。
昨年の晩夏の頃、どくしょ森の愉快な仲間達でその美術館を見学してきまして、それを某美大生女子が当ブログの記事にアップしました。それをその担当の方が捜してきてくださって、うちのH・Pにリンクして紹介させていただきたいとのことで、美大生女子、家人A、すろうりぃともども驚喜しては一も二も三四もなく大承諾致しましたところ、早速にリンクして下さいました。H・Pのトップ中、「美術館を応援する」の下の方にあります「美術館の思い出をブログに書こう!」をクリックしていただきますと、出てきます。
さて、その美術館、果たしてどんなところにある、どんなものたちのある美術館なんでしょうか。一番良いのは、そこを訪ねることですが、とりあえずは、そのH・Pと、そのうちにありますうちの美大生女子の感想(やら)の一文をご覧下さい。(よだ すろうりぃもいきたいいきた〜いびじゅつかん すろうりぃ記す)  

by satoyama-06 | 2010-06-29 19:56 | 芸術・文化
2010年 06月 28日

ホタルの夕べ

b0120165_21303269.jpg

御牧ヶ原のホタル情報2010です。
「原のほたる守り隊」にて、本日ホタルについてより良く知っていただくための看板を設置致しました。例年よりやや遅い設置です。
さて、ではどんな発生状況かと思いまして、今晩見てまいりましたが、良いです!良く出ています。盛んに出始めているという状況でしょうか。
ここのホタルは乱舞するというような発生の仕方、舞い方ではないのですが、そのかわり、人工の光に邪魔されず、長いスパンに渡ってゆるゆる飛ぶ姿が楽しめます。お近くの方は夕涼みがてらご覧にお越し下さい。遠い方は・・・そうですねえ、うう〜ん、いい知恵が出てきません。そのお住まいの地域ごとになんかいいことありますよ、きっと!
川沿いの夜道をゆるりゆるり歩いておりますと、頭の直ぐ上に二匹のホタル。見上げますと、夜空の遠い小さい星を背景に大きな温い蒼緑の星がゆる〜りゆる〜り飛んでいました。(よだ たえなるひかり すろうりぃ記す)  

by satoyama-06 | 2010-06-28 22:18 | 風光土
2010年 06月 25日

ジャパンブルー

b0120165_22131578.jpg

本日朝のジャパンブルーです!(於 茨海小學校跡地)(よだ よねんにいちどのさっかーふぁん すろうりぃ記す)

by satoyama-06 | 2010-06-25 22:27
2010年 06月 23日

「もう一つの沖縄戦」

本日は「沖縄戦」が終焉した日です。
例年のようにニュース番組などでも慰霊の特集を組んでいます。慰霊の気持ちはその通りなのだと信じますが、毎年特集の組み方のスタンスが同じなのがやや不満です。また本当にその惨禍の全部を伝えようとする意思があるのかなとちょっと疑問にも感じます。
と、言いますのも、一例として、何と沖縄本島で戦火が止んだ後でさえ、波照間島を中心になされた陸軍防諜機関による自国民に対する、人権・生存・財産に関わる「もう一つの沖縄戦」と呼ばれる深刻な惨禍がなされた事をば、報道した試しがないことです。マスコミにはこれを伝える意思がないのだ!と責められても弁解出来ないんじゃないかなあと思うんです。ず〜っと暗がりの奥の方で政治的・世論的思惑があって、全体の姿が伝えられないことが残されているなんてことがありませんように。
詳しくは、物語詩『ハテルマ シキナ』をご覧下さい。(よだ こたえはかぜにふかれて すろうりぃ記す) 

by satoyama-06 | 2010-06-23 23:26 | 想い
2010年 06月 21日

ストローベイルハウス、屋根補修

b0120165_21471718.jpg

ストローベイルハウスの屋根があまりにもつんつるてんだったものですから、泥壁を雨しずくが舐めては崩して、いけなかったのです。そこであまりにも当然の処置ですが、屋根を伸ばしました。
しかしその「あまりにも当然の処置」というのが、ちょっと癪に触っていて、何か他に手がないものかと実は二、三年来いろいろ思案投げ首していました。あ〜あ、結局「へたな考え休むに似たり」でした。(よだ こだわった すろうりぃ記す)  

by satoyama-06 | 2010-06-21 22:38 | 小屋・家屋
2010年 06月 19日

写真展『御牧好きな人へ』

b0120165_1928032.jpg

写真展『御牧好きな人へ』、明日から開催です。
先日アップしました写真をば、絵はがき用のざらざらな用紙にプリントしましたら、繪画風な重厚な味わいになりましたので、大いに満足し、同じ用紙にキャプションをつけて展示してみたものです。
写真展とはいえ、すろうりぃに関する出品では、写真・キャプション、フィフティ・フィフティの扱いです。映像とことば、折角だからダブルで味わいたい!って欲張るんですね。(よだ あぶはちとらずってことばもあるよ すろうりぃ記す)
ps ぼけぼけの写真でごめんなさい。 

by satoyama-06 | 2010-06-19 19:56
2010年 06月 15日

こばの松の二匹

b0120165_23225847.jpg

(photo by maybe 小娘)
この写真、ごらんの通り、こばの松へと、てこてこ歩きゆく仲良しの二匹です。この頃なぜか無性に後ろ姿に惹かれます。ワンちゃんたちにだって、それぞれ産まれ落ちたときから、雨の日も晴れの日もあったことでしょう。みんなてちてち歩いてる仲間ですね。(よだ きょうもてこてこ すろうりぃ記す)
  

by satoyama-06 | 2010-06-15 23:52 | 想い
2010年 06月 14日

感動『はやぶさ』

b0120165_2222459.jpg

『はやぶさ』の地球への帰還の映像を見て、青く光り輝きながら分解消滅つつミッションの使命を果たした見事さに感動しました。途中行方不明になったり、いろいろトラブルに見舞われながらの使命遂行だったのだそうですね。
さて今晩はサッカー・ワールドカップの日本戦。別趣ではありますが、また感動的な場面に出会えればいいのですが。(よだ はやぶさのようなかうんたーこうげきを すろうりぃ記す)

by satoyama-06 | 2010-06-14 22:25 | 想い
2010年 06月 12日

『ジャンゴ』

森見登美彦さんの京都を舞台にした幻想小説ばりに、すろうりぃもそんな小説を夢想してるんですよ。
そんな時大切な小道具が、ある、なしをないまぜにした店舗ですね。
まずは音楽関係から。百万遍界隈からいきましょうか。
この界隈には老舗として『zako』と『リンゴ』があります。京都でのブラックミュージックの老舗と言っていいでしょうね。ゆうに千枚を越えるようなリコードリイブララリーがあり、いつもかけてくれています。(CDではなくてレコードですよ!)昨秋秋にいったおり、ではと、クラレンス・ゲイト・マウスブラウンのLPをリクエストしますと、バイトの子が見つけられなくてすごく申し訳なく思っては残念がっていたのが初々しくって結構でした。もう一つは『リンゴ』です。こちらはビートルズだけ、た〜っぷり聞かせてくれる店です。
さて百万遍界隈はこれだけではありません。百万遍上ガル踏切東入ルに『ジャンゴ』があります。当然この店、頑にジャンゴ・ラインハルトしか流しません。営業時間は午後9時から同12時まで。どうぞ捜しては訪ねて下さい。その名は『ジャンゴ』。(よだ あるといいね すろうりぃ記す) 

by satoyama-06 | 2010-06-12 00:09