<   2009年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 31日

すぴーでぃー

b0120165_19502430.jpg

b0120165_19502442.jpg


このすぴーでぃーな二匹。
まるでカメラを意識してくれない…
走り回るのに夢中で呼んでも無視(;_;)
まぁ二匹ともメタボっぷりがすごいからいいダイエットになりますね♪



でも今年1年元気に楽しく過ごせたのも一緒に遊んでくれたみんなのおかげです(^^)
来年もよろしくお願いします(アニマルズ一同)

by satoyama-06 | 2009-12-31 19:50
2009年 12月 31日

NEW YEAR EVE

b0120165_16551697.jpg


てけてけ走ってくるのんちゃん。
保護色(笑)


長野に帰ってきた小娘です(^^)

久しぶりにみんなに会えて嬉しいな〜
と思っていたのはつかの間

風邪ひきました…。

布団生活です(笑)


2009年も今日で終わり!
人生の中で一番と言っていいくらい
激動というか激変というのか..
そんな1年だった気がしますね。

来年の目標はバブルリングをできるようになることです\(^^)/
知ってますか?
イルカさんたちが遊び道具として自分の口からわっこ状の空気を出すんですよ!
あれやりたいんです!


温泉とかで練習しよ〜♪


また復活したら
あれこれ書きますので
今日...今はとりあえずこのくらいで(>_<)

by satoyama-06 | 2009-12-31 16:55
2009年 12月 26日

冬の温泉・捕虫網・裸の仕事

さて、今晩は近くの「あぐりの湯」に閉館間際の時間に飛び込んで、湯に浸かっておりました。
さて、そろそろ出ようかというころ、従業員のおじさん達が、昆虫の捕虫網を持って入って来ては、露天風呂へ出て行きました。はて?と思いましたが、閉館間際か直後に、その捕虫網を使うと上手い具合にいく作業でもあるんだろうと気にもしませんで、ひと影もほとんどなくなったすろうりい専用浴槽に浸かっておりました。
程なくそのおじちゃん達がやってきては、実はお願いがあるんですが、というので、ではと行って出て行きますと、その少し前にお客さんのちょっとした事故があったようで、浴槽の隅にカミソリの刃を粉々にして落としてしまった、ついてはそれを拾ってくれないかとのことでした。
なるほどその大捕り物に捕虫網を持参したんですね。しかし今時分、しかも大人がそれほど使う物でもないものが、それほど使う用があるとも思えない場所のどこかによくあって、しかもそれをよく探してきたものだと変に感心したり、さすがにそれじゃあ、掬えないでしょ?と妙に気の毒がったりでした。
さて拾い出そうとするのですが、ゆらゆらしますし、破片は細かいし、しっかりはつまめないしで、多少時間がかかりました。まあ、とにかく全部拾い上げて安心でした。こんな裸ならではの頼まれ仕事というのもあるもんですねえ。
文字の記事だけでは皆さん、つまらないかもしれないから、そのときのすろうりいのギリシャ彫刻さながらの裸体もご覧いただこうかとも思ったのですが、それはまたこのお仕事を頼まれた時のことにしておきましょうね。待っててね。(よだ ほちゅうあみでげっと? すろうりい記す) 

by satoyama-06 | 2009-12-26 22:21
2009年 12月 24日

「メリー灌仏会!」だって

さて前回の記事にも書きました京都はK寺のハートフルマウンテンさんに、この前の京都旅行の礼状を書いたのですが、ちょうどそれがクリスマス前。
そこで、ふっと思ったのが、お釈迦様の誕生日をだって、世界中の善男善女が「メリー灌仏会!」とお祝いしてあげなくっちゃお釈迦様がかわいそうだ、と思ったのです。
灌仏会(かんぶつえ)というのは、皆さん当然ご存知だとは思うのですが、四月八日のお釈迦様の誕生日をお祝いする祭りです、念のため。歌だってですね、例えば山下達郎さんなんかが、メリー灌仏会の素敵な歌なんか作って下さって、三月に入った頃から、その歌が町々に流れてですね、いーじゃないですか。
そこで、ハートフルマウンテンさんご夫婦に「メリー灌仏会!」というのも、あったっていいと思いません?と提案してみたんですよ。でも、差し当たり一つ難がありそうなのは日本の大部分でホワイト灌仏会にならないってことですね。(よだ でもきょうはいえすさまのおいわいのひ すろうりい記す)   

by satoyama-06 | 2009-12-24 23:11
2009年 12月 23日

みかんー♪

b0120165_1123194.jpg


今日はお仕事をしていて帰りは8時でした。
寒いなぁと思いながら駐輪所に行くと
「いしや〜きいも〜」と軽トラが。
駐輪所のおっちゃんと目があって、焼き芋いいですね〜
って話になって、いろいろ立ち話していました。
すごく楽しそうに話してくれるんです。
なかなか話が終わらないんです。笑
おじちゃん今日も10時半まで仕事?と聞いたら
せやせやー毎日10時半やでーと言っていたので
ちょうどクロワッサンを3つ持っていて、3つあげました♪
確かに朝から晩までこんな寒い中毎日大変だよなぁ。
学生と話すのが楽しいんだろうなぁとしみじみ思いました。
おじちゃん頑張ってね!と言って帰ろうとすると
ちょっとまて!と言って走っておっちゃんたちの小屋?
みたいなところに行って戻ってきたら有田みかんを2つ。
おじちゃんみかんよりクロワッサンのが好きや!
だからあげるわ!おおきになー
と言って元気に仕事に戻って行きました。
雨がふったらいつもチャリのサドルを一台一台ふいてくれて。
パンクだったり壊れてるところを教えてくれたり。
すごくいいおじちゃんたちなんです。
そんなおじちゃんと4年間大学生活をおくれるの嬉しいなぁ^^
としみじみ思った私でした。

明日は夏休み明け始めてのoff!!!
今までは土日も祝日も文化祭も何もなく、学科のプロジェクトに
むかっていました。終わった今逆にもぬけの殻なんですけどね。

冬休みは・・・帰りたくないな〜
寒いし・・・京都にいた方がゆっくり休めそうな気がする・・・
迷い中。本当にねぇ。愚痴りたいくらい休みがほしいんですよ。
高速バスはさすがに寝心地悪いんですよ。

by satoyama-06 | 2009-12-23 01:12 | 京都
2009年 12月 21日

サンクスフル!

今年もたくさんの方々に、個人的にも店でもお世話になりました。
まずは地域ブロックごとに、関西はひいきの京都から。
まことにラッキーなことに、うちの当時の高校生女子が、浪人もせずに洛陽に、とある大学に合格出来まして、改めて親子にて京都にご縁が深くなりました。
そこで、京都はk寺の尊敬する畏友、ハートフルマウンテンさんご家族
には、今までにはるかにましてお世話になることになりました。入学前からもそうですが、入学後は文字通り親ができない分を娘に対して実に絶妙のフォローをしてくださり、ありがたい事限りありません。
そして霜月から師走初旬の京都への旅では、またこどもだけではなく、その親達もひとかたならず、痒い所にぜ〜んぶ手がゆくようなおもてなし、お世話をいただき、ひとの思いのありがたさが熟(つくづく)身に沁みることでした。
実はこのハートフルマウンテンさんのお嬢さんとうちの女子とは同じ大學で學んでいる同士なんです。うちの当時の高校生女子が受験生女子だった頃、その大學は受かる見込みがないからやめときますと電話口で話しますと、「チャレンジする前にそんなことを言うなんて、小娘らしくない!」と。その一言が決定的な後押しになって受験した暁が今日の大学生女子です。親子ともども感謝に堪えません!(よだ すぺしゃるさんくす すろうりい記す)

by satoyama-06 | 2009-12-21 22:17 | 想い
2009年 12月 18日

戦争は終わる

b0120165_22211348.jpg

世にクリスマスソングは数多くありますが、わたくしの一番のフェイバリットソングはジョン&ヨーコの「ハッピークリスマス」です。ところでこの曲にはサブタイトルがついていて、邦題では、奇妙なことに「戦争は終わった」となっています。しかし、歌詞では
war is over if you want it
と、なっていますから、望むなら、戦争は終わるという意味です。
望むなら?って、誰だって戦争は嫌に決まってる!と皆さん、思われるかもしれませんが、本当に?と問い返してみる必要はあるんじゃないかなあと思うんですよ。
嫌な物言いのように思われるかも知れませんが、誰にとっても、自分が戦争をばどう思っているか切実に考えなおしてみなければならないのではないでしょうか。なぜって、ひとの長い歴史の中で大小の戦争の止むことがないという事実が、ひとりひとりの精神に全く関係がないとは考えにくいと思うからです。(よだ いふゆーうぉんいと すろうりい記す)  

by satoyama-06 | 2009-12-18 22:27
2009年 12月 17日

いまだ知らず

b0120165_22322512.jpg

スペシャルドラマ『坂の上の雲』、いよいよ始まりましたね。キャスト陣だけを見ても、超の字をつけてもいい豪華俳優陣ですし、各アクターの気合いの入り方もびんびん伝わって来る熱演です。
さて、原作についてです。司馬遼太郎は確かそのあと書きのいくつめかの中で、これをば小説と言えるかどうかは疑わしいという趣旨のことを書いていましたが、確かにわたくしもそう感じました。
これは小説ではない。小説以上のものである!と。
思い起こしますと、戦争を題材にした傑作の小説は世に多いと思うのですが、例えば、トルストイの『戦争と平和』、同じく露西亜(時代的にはソ連時代)のショーロホフの『静かなるドン』。特に前者などは戦争に関わるエートス論などに論じ及んで、小説の枠を超えている部分はありますが、基本的にどこからどう見ても堂々たるしかも非の打ち所がない完璧な小説です。しかしこの『坂の上の雲』は、違います。ぜんぜん違う!この作品を作る時すでに、小説の枠は破綻させざるをえないことは、当然ながら、この作家自らが承知していた事だと思うのです。明治という時代とその時代に生きた人たちを書くとなると、もはや小説という枠は足かせに近かったかも知れません。ですから、実は私たちはこの作品のタイトルこそ知っていますが、その呼び名をいまだに知らないと言えるのかも知れません。わたくしが司馬遼太郎を作家と呼ばず、人文学者と呼びたいゆえんです。
『坂の上の雲』について、いろいろ思ったことども・感じたことなど書き連ねていきたい衝動に駆られますが、まあ、その全部をやめて、やはりその「あと書き」で知ったことだけを申し上げておきます。
この人文學者は特に日露戦争に関わる資料の塊集とその閲覧、分析評価などに数年、執筆に数年、計十年を費やしたそうです。しかももっとも盛んな四十台の十年です。評価好悪ひとそれぞれでしょうが、少なくとも現代日本における知的遺産の一つであることは間違いないでしょうね。(よだ りょうたろうのおか すろうりい)

by satoyama-06 | 2009-12-17 22:37 | 読書・書籍
2009年 12月 16日

史上初?!のクリスマスプレゼント

b0120165_0123433.jpg

本日大きくて重い荷物が届きました。
なになに?と差出人を見ますと、見覚えのあるユニークな繪と文字が。メリークリスマス、フォー、ロバ&ヤギ。
で、そのプレゼントはと言いますと、ふすま。麦の製粉のときに出る殻を粉砕したものです。ルヴァンでは、そのパンの原材料にライ麦を使うそうですが、そのふすまです。市販の物に比べて、粉の一片一片がしっかりしていて、にんげんの目で見てもすごくうまそう!です。うちのジグ、クロベー・カノンみなこのふすまに目がなく、いくらでも食べたい!とみんな言ってます。こんなにたっぷりで美味しいクリスマスプレゼントをもらえるなんて、ほんと、幸せな動物達です。
今年もルヴァンさんと愉しい時も過ごせましたし、どくしょ森のにんげん達にもしあわせなことでした。(よだ  ろばもやぎもひともしあわせ〜 すろうりい記す)

by satoyama-06 | 2009-12-16 20:16
2009年 12月 15日

わーーーー感動!!

b0120165_3152982.jpg


あわわわわわわ
最後の一人が合格!!!!
私のグループ最高です。
でも私のグループに日本画コースで
えーこっぷを途中から参加してきた子が
いるので、その子を合格にするまでは完全に
終わりじゃないのですが。
とりあえずうちの学科のメンバーは
全員合格!!!!!もう最高にテンションがあがりました。
先生が合格っていう前にもううちらがこれは合格だー!
って飛び出してました(笑)
みんなで泣いて喜んで。
その子は手前の子なのですが、やなぎみわの作品をやりました。
すごく面白い作品です。私が先生からこいつの面倒みて!
と言われグループからちょっと距離を置いていたような子だったのですが
彼女にうっとうしがられるのを覚悟で毎晩4時まで何で悩んでいるのか
作品についてどう思ってるのか、どんなナビがしたいのか毎晩毎晩メールして学校で話して。
そしたらだんだん私にもみんなにも心ひらいてくれて(;_;)
オーディションも彼女と同じくらい緊張して。本当に私のことのように嬉しかったんです。
一緒に抱き合ってる子はその日本画からきた子です。
おめでとうとエールの送り合い。大泣きしながら。
すごく感動でした。思わずグループで集合写真も。
もう一つのグループは仲がよろしくないのです。
こっちのグループで良かった。私のグループは私がお母ちゃんで
それぞれお父ちゃんと長男長女と末っ子といろんなポジションがあって
それぞれの役目を果たしてくれるからすごくバランスがいいんです。
家族みたいな。仲間みたいな。ライバルみたいな。そんなかんじ。
言ったら青春やな。そやそや。

えーこっぷってね、すごいの。
アートコミュニケーションプロジェクト。
嫌いな作家や嫌いな作品もね見方が変わるの。
すごく楽しいんです。
一つはアート作品の価値ってなに?
ただの椅子でもゴッホが描いた椅子ならすごく高値がつくし
みんなすごいって言う。なんで?ゴッホが描いたから?
なんでゴッホってすごいの?絵ってただの紙と絵の具だよね?
どうやって価値を見いだすの?無限ループですよ。本当に。
人を納得させられなくてもとりあえず自分なりの答えが
いつか出せたらな、なんて。てへ。

最近みんなに言われます。
目つきが変わったって。言うことが変わったって。
良い意味でね(笑) すごく嬉しいんです。
そんなつもりはなかったけど前期はもじもじちゃんの
うじうじちゃんだったみたいです。
意外にね(笑)
なんか前期からは想像がつかないってよく言われます。

私からしたらみんなすごい変わったんです。
いい子だなって思ってた子はすごく我が強くて人の意見を聞けない子だったり
嫌いだった子はすごく話しやすくて角がとれてまるくなったり
すごいよ、この授業。

人間が変わる(笑)
そのかわり体は多少壊します。
でもね、見る、考える、話す力がつくと思うんです。
そして行動だったり思いやりだったり全体を見ることだったり
すごい小さくて簡単なことをトレーニングして。
人間って本当頭こりかたまってるんですよ〜チンパンジーの方がよっぽど柔軟。

そんなこんなで明日から最後の本番にむけてのリハーサル。
私のグループの作品は
①ベネトンの広告写真②やなぎみわの赤ずきん③唐獅子④マグリットの不許複製
という順番です。コンセプトは考え中。必死。
私の陽くんももう終わって1ヶ月たつのかぁ。
多分、私がどつぼにはまらなかった理由は画家にはまりすぎなかったこと。
今ももがいてる人は「私と画家」という関係しか見れなくて
「私と作品と鑑賞者」という目線になれないのです。
あーーーーあつく語りすぎた。
今日は大阪の友達が合宿にきてます。明日は兵庫の子も合宿にきます(笑)
約1週間3人で暮らします。必ず帰ってきてお茶入れて干し芋かまんじゅうを食べて寝る。
そんなひとときをいつもみんなで過ごしてます。

ではでは。
あ、最後にね、今じじばばに手紙書いてたの。
そんでね、すろうりぃさん箸どうしたんかなぁって思って
ブログ見たら箸のこと書いてあって、びっくりした。
こむすめちゃんでした。

by satoyama-06 | 2009-12-15 03:37