<   2009年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 30日

黒い道

b0120165_222118.jpg

この黒々とした坂道、どくしょ森の坂道です。この坂道には、この十六年間さんざん苦労して来ました。
あ〜めがふる〜、この大きな坂道が川になって掘られる、削られる。急坂なので車輪で掻く。削れるえぐれる、砕石を引く、流される、掻かれる、えぐれる‥・
夏にこぎつね天文台長がアドバイスしてくださって、これを敷いてみたらどうだと。そこでまずは軽トラ一台分を敷き、雨のときの様子を見て、いいんじゃないかと、今度は二トントラックで一台また一台と積んで来ては敷いています。
さて、これって、建築廃材を利用してたいへん優良な堆肥を作っている会社が市内にあるのですが、その、堆肥に至る前の繊維質たっぷりのものです。だからその一本一本一つずつが絡まり合って、雨に流されない、水を貯え、ちょくに流さない。車輪をしっかり掴んで、掻かせない。でこぼこは簡単に埋められて柔らかい歩き心地、乗り心地の気持ちよさ。これは優れものです!上に「超」(チョー)の字をつけてもいい!
その会社に最初にトラックで伺ったとき驚いたことには、その社長さんが柔和な笑顔の方だったことと。そして気の毒に思った事はその敷地内に、一般に印象が良いとは言いにくい「産業廃棄物業者」と表記されていたことです。
その優良で多量の堆肥の供給から、相当遠方の農家・造園業者からも多大な人気を博しているとのことですし、そうだろうなあ!とつくづく納得しました。しかし、こんな、多くの方に喜ばれ、環境の保全・改善にだけでなく、農産物の生産にも多大な貢献をしている業者さんにたいして、もっと別のしかるべき呼び方があるだろうに気の毒な!とは、切に思ったことでした。
ところで、すろうりいも気になったものですから、その笑顔の素敵な社長さんに、坂道の補修用に使う客はいるかと聞きますと、今まで聞かないなあとのことで、つまりはこの坂がその意味では初めてのトライアルです。さて、これからの雪の日、大雨の日などを経て、どうなるでしょうか。興味のある方は乞う、ご期待!(よだ けーざいもくろいみちがいいな すろうりい記す) 

by satoyama-06 | 2009-09-30 23:03 | 読書の森
2009年 09月 24日

小諸ねむた祭り

b0120165_21415164.jpg

本日のこの記事、普段に増してご機嫌よく書いております。
と、申しますのも、本日うちの大学生女子からビートルズのあのリマスター版のうちの一つ、『ホワイトアルバム』が届きまして、これを聴きながら書いております。音がクリアに生まれ変わった新鮮さは、う〜ん、たまりません!しかもひさしぶりに聴いたホワイトアルバムのこの音と音楽の多彩さは!やっぱりビートルズは!!!です。他にも京都関連のものも同封してくれていて、人前で言うのもなんですが、良い娘です。つまりビートルズと京都に関わるものを送ってくれるので、良い娘だという意味です。
大学のねぶた祭りの記事に、すろうりいも大いに刺激されました。われらがどくしょ森でも、これを真似させてもらって、まずスタッフ一同がお題を決めた上、一週間不夜城で制作に取りかかります。もちろん、眠くなったら随時交代するとしてです。で、とうとうその祭り当日が来て、作品もなんとかかんとか間に合います。でもその一週間の不眠不休の祟りで、疲労困憊の極み。一方祭りはジャンベなどの歌と踊りとで興奮のるつぼ。ほとんどトランス状態になりながら、ふうらふうら漂います。これを人呼んで、「信州ねむた祭り」と申します。(よだ こんやはもうねむたい すろうりい記す)   

by satoyama-06 | 2009-09-24 23:22 | 読書の森
2009年 09月 21日

2009 ねぶたー!

ねぶた終わりましたー!
明日解体でございます。
今日は9月初めてのオフでした。1日寝てやりました。
でも自然と8時(ねぶた集合時間)に起きる自分がいました。
夕方から友達とねぶたを見に行きました!
人も少ないしゆっくり写真撮影できました。
今年のねぶたのお題は刺胞細胞動物でした。
では、じーーっとごゆーーっくり見ていって下さい。

b0120165_22573025.jpg


b0120165_22573912.jpg


b0120165_22574684.jpg


b0120165_2258423.jpg


b0120165_22582177.jpg


b0120165_22583283.jpg


b0120165_22584560.jpg


b0120165_22585544.jpg
↑うちのグループの★
いそぎんちゃくです^^

b0120165_22591113.jpg
同じグループの子もみにきていました!








そして〜文句なしの優勝作品はこれ!!!↓↓
椿チーム。。。
さすがだ。。。
b0120165_22591782.jpg

コンセプト・・・両腕
キャプションの言葉・・・「両腕を失ったヴィーナス。彼女は傷つくことをおそれ
自身出身の海で最強の毒をもつキロネックス(クラゲ)を守護神にることにし
強靭な肉体を与えました。以来彼らは女神の両腕になり様々な災いから
守ったといわれています。」
すごいなー!どこのキャプションもすごかったですが
ここほどあみだくじで決まった場所を上手く生かしたところは
なかったんじゃないですかね。すごいなぁ!


まだまだこの半分以上の作品があります。
色があるところないところがあったり
ライトの色もいろいろだったり
本当にチームごと違って面白いですね。
今年ほどマイペースで間に合わない・・・
と先生たちが諦めた年はなかったそうです(笑)
そして点灯式にはアメリカにいる千住さんがちょっとお話してくれました!
この13日間は本当に楽しくて、みんな学科が違うから
いろんな話が聞けたりして。技術的にも凧糸や組み立てや和紙張りとか学べて
すごく充実した13日間でした−!

明日は取り壊し(泣)
そのあとは打ち上げ★
このグループの人とはねぶたが終わってもたまに会いたいな〜^^

今日はうちもなんだか楽しそうなイベントがあったようなので
先にかかれる前にブログかきました★
そして友達と帰りに恵文社に行って雑誌とか小物買って
一乗寺の辺を走っていたら素敵な木造の喫茶店から
バイオリンやチェロの演奏が・・・
すごーーくみみをすませばみたいな所で外からうっとり
眺めてしまいましたー・・・
京都ってすてき!って思った一瞬でした(笑)

そして、今日は敬老の日です。これからじじばばに手紙を書こうと思います。
ちょっとこげたかぼちゃの煮物を食べながら(笑)
おばぁちゃんの味のすごさを痛感しますよ・・・。
ちなみに焦げた鍋はごしごしこするより、日光に2、3日浴びさせておくと
ぽろっととれるらしいです!辞書にのってた★
とりあえずやってみます(^o^)/
小娘。

by satoyama-06 | 2009-09-21 23:25
2009年 09月 19日

切なさの果ては

b0120165_2015115.jpg

「信じている人のために頑張れなきゃ、生きている資格はない」
本日出会った一言です。世の中に切ない事ってたくさんありますが、例えば刑務所に入る羽目に至るなどというのは、その最たるもののひとつでしょうね。
『明日をめざしてー受刑者がつづる更生への誓いー』( 川越少年刑務所刊)を読みましたが、その中にこの一言がありました。
この彼(彼女)は凶悪な犯罪を犯してこの刑務所に入所するに至ってしまったのですが、そこで自分が犯してしまった罪と未熟さを見つめるとともに、学力の不足にj気づいて愕然とします。そこで小学校の勉強から始めて、一年ほどで中学生のレベルまで辿り着きます。その勉強の延長と将来の社会復帰とに備えて、簿記に挑戦します。三級から始めて、紆余曲折を経て二級も優秀な成績で合格しました。さて、いよいよ現役の商業高校生でもほとんど受からないという難関の一級受験の件です。
『・・・「こんなことことをして何になるんだ。皆雑居でテレビを見て、自分は独居で一人勉強・・・」そんな弱音と一級のあまりの難しさに、教科書を机にたたきつけたものです。もう駄目だと思っていると、母から年賀状が届きました。読んでいるうちになぜか母との面会を思い出してしまったのです。面会のとき三級や二級の合格を知らせると、涙を流し声をつまらせながら、「本当に良かった。こんなことって初めてだね。事件を起こした時は、もう何もかも終わりだと思ったけど、でも信じて頑張ってきて本当に良かった。これからもおまえのことは信じているからね」という母の姿を・・・
そうすると、またやらなきゃというやる気がわいてきました。信じている人のために頑張れなきゃ、生きている資格はない!自分の決意を途中で諦めてる姿なんて、体をボロボロにして私や兄弟たちのために頑張っている母には見せられないと・・・」
さて、その結果は、なんと満点合格だったそうです。(よだ まなばされる すろうりい記す)

by satoyama-06 | 2009-09-19 21:18 | 読書・書籍
2009年 09月 17日

小さな親切?

b0120165_21462825.jpg

すろうりい左官店の仕事の合間に小話を一つ。
先日、ジグ・クロベー・カノンの飼料を買いに行きました。その事務所にその奥さん(個人経営です。)のあとについて入っていった際、彼女が不意に訊きますことには、ネズミの腐った臭いがしません?我が人生のなかでも、ネズミの死臭について訊かれたのは初めてのことでしたので、気の毒なすろうりいのHDはその瞬間若干パニックになり、ええとお、ネズミの死臭ってどんなだあ?知らんなあ。この事務所のなかの臭い、いつもと違うかなあ、答えられないよなあとか途方にくれつつ、それでもと思いつつ壁際のコピー機の下に目をやりますと、いました!腹のふくれた奴がながながねそべって!
いましたよお!ほら、コピー機の下です。と指差して教えて差し上げますと、いいです!!お父さんに片付けてもらいますとぶるぶるしながらおっしゃいました。
乾草類など、一年中山積みですから仕方ないですよね、猫なんか飼ってらっしゃいますか、とか半分慰め気分に一言二言話すうちに領収書も書いて頂いて、さて、「お父さん」に片付けてもらうのはいいとしてそれでも、その場所を改めてよく教えておいてあげなくちゃと思いまして、ほら、あそこですよと、また指差して教えてあげたのですが、やっぱりその指差した方も見ず、いいです!!お父さんに片付けてもらいます!とのことでした。あんまり親切にならなかったのかなあとちょっと残念に思いながら帰ってまいりました。(よだ ねずみのにおいは すろうりい記す)

by satoyama-06 | 2009-09-17 22:30
2009年 09月 16日

左官屋すろうりい開店

b0120165_2235581.jpg

確かストローベイルハウスを作ったとき以来の、久々の左官屋すろうりいの開店です。
この写真の奥にジグの運動場があって、耳をピーンと立てて作業を見守っててまして、ねえねえ、何作るのお、ひょっとして、あたしのおうち?とかいうので、結婚もしないのになんで新築の家が必要なんだよおとか答えておきました。じゃあ、やっぱり僕たちん家?めえええええ〜!と、待ってましたとばかり、クロベー・カノンがきいて来たんですが、違うんだなあ。
土の感触はやっぱり、何よりいいんですが、一年ごとに土練はキツイですね。(よだ ようつうにはきをつけませう すろうりい記す)

by satoyama-06 | 2009-09-16 23:03 | 読書の森
2009年 09月 16日

活版印刷版『暮らしのヒント集』

b0120165_23204123.jpg

しばらく前のことになりますが、暮らしの手帖社から、活版印刷版『暮らしのヒント集』をご恵贈頂きました。限定三百部のうちの一冊ですから、光栄なことです。信州では数冊のうちの一冊だそうです。
その箱・装丁の念の入れ様、紙面の活版印刷された印字のほんの微かな揺らぎに似た、しかししっかりとした存在感、選び抜かれた紙の触感!う〜ん、まさに「暮らしの手帖文化」の粋です。
その昔、『一銭五厘の旗』を初めて手にしたときの驚きと感動がありありと蘇りました。内容ももちろんのことですが、本作りとその本自体に感動した初めての体験でした。
こんな本作りができる限り暮らしの手帖社は不滅です!(よだ ほんきのほん すろうりい記す)  

by satoyama-06 | 2009-09-16 00:03 | 読書・書籍
2009年 09月 14日

土壁に合歓の葉影

b0120165_20354327.jpg

本日第二便は信州小諸、茨海小學校用務員からのレポートです。
土壁に合歓(ねむ)の木の涼しげな葉陰がちらちらちらちら。大好きな物に大好きな物の陰が映って、もう、この光景を見ただけで、本日一日分の幸せに匹敵しました。案外幸せな気分って、単純で素朴なところから汲み取ってこれるものですね。(よだ きょうのしあわせ すろうりぃ記す)

by satoyama-06 | 2009-09-14 20:47 | 風光土
2009年 09月 14日

ざ★きょうと

ねぶたもさすがに日曜日はお休みです!
土曜日はあるんですけどね。
ということで5時からギャラリーのシフトということもあって
午後は外に出ました!とりあえず白川通りを走りきったことがなかったので
まっすぐ行ってみました!
ずーっとなるようになる精神でひたすら進みました。
b0120165_1372210.jpg


b0120165_1373482.jpg


b0120165_1374433.jpg


こんな道やあんな道やそんな道。
すごーい楽しかった!走りながらレトロな雑貨屋さんとか
おいしそうなご飯屋さんとか、ぽっそりたたずむ古本屋さんとか
おしゃれなカフェとか。何度も立ち止まったり引き返したり。
新たなは道やお店をいっぱい発見できました!
これは車ではなかなか発見できないのですよ〜バスでも。
チャリんこだからこその楽しみなんですね〜
みなさん京都にきたらぜひレンタサイクルで!
京都はたいらっこいんで全然体力使わないしレンタサイクル安いし★
通りすがりに外国人2名が日本人に道を聞いていたのが
非常にうらやましかったです・・・。
チャリの欠点はここですね。外国人が道を聞いてくれないということです。
今度から正面から外国人来たらあえてチャリおりて歩こうかな(笑)

そして、うちのヤギちゃまのおはなし^^★
彼らヤギのくせにちゃんと人を見てるし
ひとなつっこいんですわ〜
知らない人が正面から勢いよくなでたりすると
びくっっっっとするんだけど、私が「かのんたぁぁぁぁぁぁん♪♪」
って正面から抱きついてもびくっとしないで、むしろ
かのんたんからもきてくれるんですよ〜
かわいすぎるっ!そして最初足元とかにおいくんくんかいで
私だって確認すると顔のにおいかいでちゅってしてくれるんですよー
b0120165_1525138.jpg

かわいいでしょ!ぜひみなさんもかのんちゃんにちゅーってやてみてください!
くろべぇの愛情表現は背中にのってきたりひざの上にのってきたり・・・
手荒い愛情表現で。腰の悪い方は気をつけて下さいまし。
でも黒たんもすごくかわいい!
けども木を食べちゃうのがいけないところ・・・
木がなくて落ち葉や草だけのつなぐ場所があるといいんですけどねぇ。

そして京都に帰る前にのんちゃまに
「いいお顔して〜かわいい顔して〜」とカメラを向けたら
ちゃんと注文通りのお顔をしてくれました♪
b0120165_1525941.jpg


こむすめでした〜

by satoyama-06 | 2009-09-14 01:53 | 京都
2009年 09月 11日

3日目!

はーいみなさんお久しぶりです〜
すろうりぃ氏がかってに曜日を振り分けました・・・
金曜日担当小娘です!

b0120165_2149338.jpg


9日から京造ねぶたが始まりましたー!
先生たちがねぶたの本場、青森まで行って直々に技を伝授して頂いて
それを私たちが伝授してもらって今作っているというわけです。
毎年テーマがあるのですが、今年は刺胞細胞動物?←すっっごい適当!笑
クラゲとかイソギンチャクとか!
で、私たちは緑イソギンチャクにしました!緑イソギンチャクが
いか天食べてるところです。

b0120165_2158928.jpg


本体と触手といか天グループにわかれていて、私は触手チームです!
まずはリーダーたちが夏休み中ずーーーっと案を考えて建築の先生と設計を
考えてくれて、すごーく大変だったようです。
まずは木で土台を作ります。その後針金を特殊な形に作って
それを土台の木にとんかちでとんとん打っていって
その針金を中心に、イソギンチャクの形に針金をぐるぐる巻きます。
針金にも特殊な伸ばし方があって柱と柱に針金をつけて
人が針金の上にのってびよんびよんのばすんですよ!
その後に和紙をしわ無くはって中にライトを入れてできあがりです!
今は針金で形を作っているところなのですが、針金が少しでも歪むと
和紙をピンときれいにはれないのですごく丁寧にやらなければいけません。
そして針金と針金はボンドをつけた凧糸を使います。
私は凧糸のエキスパートに今日なりました(笑)
(血液型占いとか信じませんが)几帳面A型炸裂です★
ちょっとの隙間とかボンドの量とか細かいです(笑)
しかし全ての学科からの寄せ集めグループなのですごく楽しいですよ。
いろんな人がいて。みんな違った特技があって。いろんな会話があって楽しいんです。

b0120165_21544480.jpg


関西人といるととにかく笑いがとまらない!彼らの発する言葉は何でも面白い!
(と、そんなイメージのハードルあげると怒られるのですが)
なんで彼らはこんなに語彙が豊富なのだろうか・・・笑
私ヨーダって呼ばれているんですけどね、コップにいつのまにか
養駄←ってかかれていました・・・どうしたらこんな文字のチョイスが・・・
表にはコスプレしたヨーダの絵がちゃっちゃと描かれていて。
あーみんな面白いっ!
なんかすっごく体力的にも精神的にも疲れると聞いていたんですけど、
体力は確かに疲れますがすごくやりがいがあって苦痛なことありません!
これからもっともっとすごい大変だろうけど
だんだん形が見えてくるとわくわくしてきますね〜
21日だか一般公開で、どのグループもすごい力作になりそうです!
一般のお客さんからの投票の賞もあります・・・!
もし21日とか関西にくる予定の方は京造ねぶた見ていって下さい☆
なにげ朝9時前から夜の8時過ぎまで毎日みんな頑張ってますから^^★
b0120165_21541895.jpg


by satoyama-06 | 2009-09-11 22:03