<   2008年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2008年 11月 29日

にじにかける

b0120165_17263452.jpg

昨日朝の見事な虹です。足がくっきりしてしかも両側まできれいな半円にかかっており、その上外側にも薄く二重にかかっていました。
これは瑞兆に違いない、本日はめでたい知らせが飛び込んで来るに違いない!と駅への送りの車中、受験生女子と話しておりましたが、これは後に解釈して判明したことには「にじ」つまりは「二次=二回目」の受験にかけろという天意だったんですなあ!現役生がするすると一次=一回目の受験で楽々受かってしまうのは、苦労知らずになって将来よろしからぬ事もあろうとのご神慮だったのだ、と。
受験、そうそう楽にはまいりませんね。にじの架け橋を渡っていざ進め!(よだ にじみた すろうりぃ記す)

by satoyama-06 | 2008-11-29 21:22
2008年 11月 26日

yes, i could

b0120165_1451954.jpg


東京へ1人旅に行って
帰ってまいりました(^O^)/

某美術大学へ行く道です。
玉川上水を10分ほどずーっと歩いて、公園に出ます。
その公園の向かいの細い路地をまっすぐ行くと目的地につきます。

これから入試だと思えないくらいの爽やかさというか、穏やかな静かな空気でした(^^)
いいですね、この通学路。
むしろ志願理由は通学路に惚れたと言ったほうが良かったかしら。


入試というものはアレですね。アレ。
なんというか………たいした事ないですね(ノ∀`)

なんてのは大嘘で。
実技なんかまったくダメでした。万が一の事があっても仕方ないって思うくらい、納得がいかない作品になりました。
悔しいですね(;_;)
しかし、面接に最大の力点をおいています。と推薦の要項に書いてあるのを発見し、面接で実技のぶん取り返してやろう!!
と思って一日目の夜はとりあえず実技の事は忘れて、面接の事だけ考えました。

偉大なじじさんに2日目の朝方電話したら、「昨日は昨日の風が吹いて、今日は今日の風がふく!!!!今日は心配する事ねぇ!大丈夫だ!まぁ気をつけて行ってくるだな(^o^)」と背中を押され、行ってきました。

しかしこれがまた、、、
面接に力点をおいてるのか????
と思わずにはいられない面接でした(笑)

でも、楽しかったです★
面接はまぁ、悔いのないようにできました♪♪
実技でやられるか、面接でカバーできたか、恐いですね(´・ω・`)

でも今年は運気が上昇している年なので、
ぜひ上昇気流にのってもらいたいですね(^O^)/

じじ、ばばは多分、文学賞の時のように慰めの言葉を考えていると思うけど、ミラクルを起こしたいですね(・∀・)
またおばーちゃんに「慰めの言葉しか考えてなかったから、
受かったらなんて言ったらいいかわからねぇなぁ……ヽ(゜ロ゜)ノ」

って言ってほしいですね(笑)

発表は明後日です(;_;)
受験番号知ってる皆さん、ぜひ、インターネットで合否見ないでくださいね(^ω^)
念には念を押して言っておきますけど(笑)
とくにうちの美術部顧問が見たがってるから阻止しなければ…………

発表の時、小娘さんはテストなんです(′;ω;`)
気になるー(泣)

でも、私は家の環境のせいか、応援してくれる人がたくさんいて
不安もなく1人で受験に行く事ができました★
これだけ家族以外の人に支えてもらっている事に本当に感謝だし、
幸せ者だと実感しました(´ー`)


今日も結果が出るまで恐いし不安だし、緊張するけど、空を見るとなんだかすべて忘れちゃうっていうか、らく〜になるんですよね。
今日の空はとくに吸い込まれそうな表情でした(^^)/★
b0120165_145199.jpg


私、扱いが雑でカメラにひびが入りまして、
それが4ヶ月ほど直しに行ってなくて、
相変わらず写真に支障を及ぼしていて…
もっときれいな空だったのに、なんか汚く
うつってすいません(;_;)

ではー
ポジティブに、前向きに結果を待ちたいと思います♪
地球放射、地球放射、グレートディバヴァイディング山脈……
ってテスト勉強しながら(;_;)


さよなら〜
小娘。

by satoyama-06 | 2008-11-26 14:51 | 詩歌
2008年 11月 25日

めでタイ・ケーキ

b0120165_16223053.jpg

このいかにもめでたそうなケーキ。これはどくしょ森の誇るケーキ名人六っちゃんによる特製ケーキでございます。
で、何か祝い事でもあってかと、皆さんにも話題の進転にご協力いただきたいのですが、実はあの魚男さんとそのフィアンセのご結婚を祝してのケーキでございます。
魚男さんの記事、何回かアップいたしましたが、私たちの古くからの友人でもちろん、店の常連客のお一人でもあります。この魚男さんが、二月に倒れて、その直後は命も危ぶまれたほどなのですが、奇跡的と誇張無しで言える回復振りで、何と先日は結婚にまで至ったのです。ご家族・兄弟による励ましはもちろん、医療スタッフのご努力、また友人達の励まし等々みんな復活のための助力にはなったでしょうが、一番はやはり、彼女の愛の力でしょう。これは周囲の一致した意見です。ぜんぜん冷やかしなしに、そして相当の羨望を込めてそう思います。
さてその魚男さんの披露パーティ、嬉しさがひときわこみ上げる感動的な、でも肩肘張らない結構なバーティでございました。で、さすが魚男さんのパーティだけあって、本まぐろの解体ショーがありました。そして何と新郎新婦によるマグロの入刀式があって、会場内爆笑でした。で、この六っちゃんのケーキはその後改めての入刀でございました。
最後に新郎からの挨拶があって、今年はジェットコースターに乗ったような一年だったが、これからは幸せで平坦な道を二人で歩んでまいりたいとのことばで、並み居る一同、大きく点頭したことでした。(よだ あいのふっかつ すろうりぃ記す)

by satoyama-06 | 2008-11-25 16:55 | 人物
2008年 11月 20日

文明と未開

b0120165_163240100.jpg

 本日出会った一言。
 
 「文明が、未開を抑圧している。」 司馬遼太郎 『ロシアについて』より
 
振り返り見ますと、人類の歴史はこの騒ぎの連続!と言えそうなくらいです。賢治風に言えば、なにが未開でなにか未開でないかぜんぜんわからない。しかし、やはりこれも賢治風に希望を見いだすなら、これも一筋の栄光に至る道程の一歩ごとなのですから。(よだ ぶんめい?みかい? すろうりぃ記す)

写真は「すろうりぃ、三吉米熊像を仰ぎ見るの図」(於上田城趾公園)です。三吉米熊については、ご興味とお暇がありましたら、以前の記事「すろうりぃ、愛校心に目覚める」の記事をご覧下さい。

by satoyama-06 | 2008-11-20 16:49 | 読書・書籍
2008年 11月 18日

上田グローリア合唱団定期演奏會

b0120165_17262374.jpg

一昨日上田グローリア合唱団の定期演奏會にうちの高校生女子と行ってまいりました。
上田グローリア合唱団とのお付き合いは、かれこれ十年ほども前になるでしょうか。読書の森の開店の記念にと出した絵本がひよんなことから、上田グローリアの顧問をなさっている作曲家・国立音大の名誉教授小山章三先生のお目にとまり、これが何と合唱組曲にして頂いたのですが、その初演を上田グローリアの皆さんが演奏して下さったのです。こんな思いがけない素敵なことって世の中にあるんだなあ!と今だに感謝に堪えません。
それ以前は合唱の世界には無縁に長らく生きてきていたのですが、それからというもの、ひとが声を合わせてコーラスを作っていく何とも言えない魅力の病みつきになってしまいました。声自体を使っての演奏というのは、文字通り人肌の胸の奥から突き上げてくる温かい感動に包まれますね。
今年の演奏會も熱演・楽しい企画演出、また小学生の合唱団との競演の一時もあり、感動的なステージでした。
団員の皆さんの元気なお姿、お声に接しられたうえに、今年は久しぶりにでかくなったうちの高校生女子を小山先生ご夫妻に見て頂くことも出来まして、それもたいへん嬉しいことでした。初演していただいた時分にはうちのドーターもまだ小学低学年女子で、先生に可愛い!と言って頂いたんですよ。ほんとですよ!
さて、また毎年の事ながら、千人程度収容の市民会館が満席になりました。いかのこの合唱団が地元上田で長らく愛されているかが、よく分かります。もう半世紀以上の歳月を閲してきました。
写真は、演奏會後のロビーでの談笑の一こまです。毎年変わらず良いシーンです。(よだ うえだぐろーりあばんざい すろうりぃ記す)

by satoyama-06 | 2008-11-18 17:54 | 芸術・文化
2008年 11月 14日

目玉親父参上

b0120165_1813847.jpg

皆さんご存知、目玉親父です。
本日、森と田圃で明るく生きる方から、鳥取米子のお土産に頂きました。因みにゲゲゲの鬼太郎の作者水木シゲルは因州鳥取は境港の出身です。
さてこの目玉親父(写真右)、突ついてみると、おもしろい、おもしろい!ガラス質の固くてリアルな目玉がゆらゆらしながら上を向いてツツツーっと転げていくんですよ。静止画像ではこの面白さ、口で説明するしかありませんが、その玉の動きの滑らかさと目玉がゆらゆら揺れる組み合わせの不思議な感じ。さすが妖怪だけあるなと感心した次第です。(よだ げっげっげげげの すろうりぃ記す) 

by satoyama-06 | 2008-11-14 18:18 | 遊び
2008年 11月 13日

扉は回る

b0120165_1825247.jpg

去年の今時分はストローベイルはウスの完成に向けて余念がなかったのですが、さて、今年も早十一月の半ば、春に東屋の屋根を増築したものの、その程度の建築実績で良いのか、と自問いたしますと、いや、せめて小さな小屋なり作っておきたいとの内心の声の応答で、小さな物置を作っております。
どんな小さな物でも、今までやったことのないことに挑戦したいと思っているのですが、今回は出来るだけ釘、ビス、コースレットなど使わずに、木材を組んでいきたいと思ったのですが、結局はすかい始め、結構釘、コースレットなど使ってしまいました。それと柱には先日山から薪用に運んできた木のうちから、六本使ってみましたが、こういう製材されてない木材を使うのは、手間ですが、勉強になります。また材質感はもちろん良いですね。
さて、本日は中の棚を作り、扉を片側だけ付けました。これも初めてのチャレンジで観音開きです。出来映えは、まあ、聞いて下さるな。悪い程ではないとは思うんですが。
ところで、この扉を付ける作業、一人でやるにはなかなか苦労なのですが、何とか付いて、その扉がクルクルと回り始めるときの嬉しさは、いつもながら嬉しいものです。オレだってやればできるじゃないか!ってね。そんなことで、家作りには動く物を作る楽しさもあるんですよ。(よだ ちょうつがいっておもしろい すろうりぃ記す)

by satoyama-06 | 2008-11-13 18:25 | 小屋・家屋
2008年 11月 12日

落ち葉・バイオマス

b0120165_192544.jpg

落ち葉のさかんな時期です。我らが茨海小學校跡地にも落ちるわ、散るわの毎日です。
森林から生産される大量の有機物をバイオマスなどと、その道では言うのだそうですが、この落ち葉の量、嵩張るばかりで、片付けにたいへんですが、畑や林中に運んでいって堆肥にしております。これにジグの日々の落とし物など加えますと、さらに良質の有機物肥料が出来上がるわけです。これをば、来年から本格的に作っていく花畑・植物園に入れていく予定で、今から楽しみです。
その堆肥作りですが、プロが本格的に作るのとは違い、茨海小學校の用務員が作る堆肥というのは、極めて簡単なものです。つまり、数カ所に山積みしてほったらかしておく流儀です。
腐るということ、腐る物というのは本当にありがたいことですね。分解されて土に還らなければ生態系の循環ができませんものね。(よだ おちばいおます すろうりぃ記す) 

by satoyama-06 | 2008-11-12 19:22 | 風光土
2008年 11月 11日

いなごの佃煮

b0120165_17395293.jpg

二日ほど前ヴィーナス画塾の生徒さんの真ん中ちゃんが、自分の家の田圃でとれたいなごの佃煮を持ってきてくれました。
今やこれは田圃になかなかいるものではなく、貴重なものです。これが旧浅科村の五郎兵衛新田には今もたくさんいて、子供達がこれを取って売っては、「いなご文庫」と称して書籍など買っているとのことです。一昔前の話を聞くようで、驚きました。いずれに致しましても、いなごのいるような田圃で獲れるお米ですから、「五郎兵衛米」として、ブランドになるはずです。
さて、大好物のいなごをば抱えるようにして食べていると、いつもは抱えて食べていれば、苦情を言われて当然なのですが、家人達、涼しい顔で何も言わないのです。そこで、はたと気がついたのですが、折角の珍味のいなごをば、すろうりぃに思う存分食べさせてあげようという家族愛だったんですね。自分達も食べたいのはやまやまだったんだろうに、気がつかなくて済まないことをした、今晩は、残り少ないけれど、箸で摘んで口の中に入れてあげるほど親切にしてあげようと思う次第です。
ところで、うちの高校生女子が学友達に言われたという話には、蜂の子といなごの佃煮、弁当に持ってきたら、友達やめるからねって!ああ、信州の娘達がああ!もう、情けない。(よだ いなごてんごく すろうりぃ記す) 

by satoyama-06 | 2008-11-11 18:02
2008年 11月 06日

つれづれ千曲河畔

b0120165_1813891.jpg

十日程前の千曲河畔の紅葉を撮りました。堆積岩と多分火山灰の降り積もったあとの凝灰岩の美しい路頭です。
さて、撮った画面を見ますと,新旧の大久保橋が写っていますので、思い出すままにお話しします。
旧の橋はその橋塔だけが記念に残されていますが、この吊り橋、橋を渡っている途中で車が通ると橋が揺れてこども心に楽しいことでした。バスが通るときなどは、殊の外ウェーブして楽しさ倍増でした。
四十年ほど前に現在のアーチ橋に掛け直されましたが、確か橋が開通になった直後だったかと思いますが、橋のたもとに「信濃川」というプレートが埋め込まれていました。これを見て、県下では「千曲川」の名で呼んで慣れ親しんでおるんだから、「信濃川」とはけしからん、「千曲川」に書き直せ!という声があがり、結局そう直されました。その直した跡が分かりますね。
当時子供心に大人達の意見に単純に同調しておりましたが、考えてみますと、越後の沃野に至ってから、この川は信濃國から流れてきたものだとて、越後の皆さんが、國名を冠して呼んでくれているわけです。何も「越後川」とか呼んでいる訳ではないわけです。だったら、例えば此岸の橋柱には「千曲川」とし、彼岸のそれには「信濃川」と記すとかの折衷案でも良かったのではないかなと徒然に思った次第です。(よだ かわはながれてえちごへゆくの すろうりぃ記す)

by satoyama-06 | 2008-11-06 18:27 | 風光土