カテゴリ:あにまるず( 45 )


2014年 10月 23日

掘り起こすと

b0120165_17551534.jpg

先日探し物があって、あちこち引っくり返したたり、掘り起こしたりしておりますと、のんちゃんの写真が出て来て、ほっと溜め息をつきました。人前ではありますが、のんちゃんっていいな。(よだ かたはらのあきくさのかたるらく すろうりぃ記す)
PS 本日の写真はその掘り起こした写真ではありません。どなたのか分かりませんが、PCのデスクトップにあったので、使わせてもらいました。5年前の6月のものです。

by satoyama-06 | 2014-10-23 18:00 | あにまるず
2014年 03月 17日

のんちゃん、二回目の命日

b0120165_21365330.jpg

本日はのんちゃんの二回目の命日でした。
本日たまたまお越し下さったのんちゃんをご存知のお客様ご家族とも、また初めてお越し下さったお客様とも自然と、ご一緒にのんの思い出話をして懐かしみました。いつまでも皆様に愛し続けて頂いて、本当に幸せな犬です。(よだ ぎんがてつどう すろうりぃ記す)
b0120165_21442116.jpg
 
photo and nuigurumi by Fujix

by satoyama-06 | 2014-03-17 21:52 | あにまるず
2014年 03月 02日

追想のんちゃん

b0120165_22461286.jpg

何気なくPCのデスクトップを見ておりましたら、のんちゃんの写真がありましたので、今回は意味もなくちょっと見返りのんちゃんの図です。永く一緒だったワンちゃんやニャーちゃんがいなくなるといつまでも寂しいものですね。
あの大雪で埋もれていた霊験あらたか「のんちゃん観音」のお社もここ二、三日の暖かさでやっとまた現れてきました。(よだ ののさまのんちゃん すろうりぃ記す) 

写真はtarukovsky さんです。

by satoyama-06 | 2014-03-02 22:58 | あにまるず
2013年 06月 12日

デカオ、車中にて

b0120165_21292343.jpg

少し前、デカオが貰われていく車中です。
車に入れられるとデカオも鳴き、母親も鳴きましたが、別れの日は来るものです。車窓から何を見ているのか、デカオ。
今頃はいい名前も貰い、一家のアイドルになって愛されていることでしょう。
デカオもチビオも、こっちは全然寂しくないからな。それぞれのおうちのお役に立って末永く可愛がられろよ。(よだ じゃあな すろうりぃ記す)

by satoyama-06 | 2013-06-12 21:41 | あにまるず
2013年 04月 17日

ヤギの渡世

b0120165_2212566.jpg

どうらくオルガン作りでバタバタしておりましたら、あっと言う間に(という通りの実感ですが、)前回から早一月近くも過ぎてしまっていました。
いろいろご報告やらお話ししたい事もあるのですが、今回はヤギの赤ちゃんのお話。
先月中旬頃ヤギの赤ちゃんが二頭生まれました。ですが、そのうち一頭は未熟児で、そのまま母親といっしょに過ごさせていたら、夜間の寒さはもとより、日中の寒さにも耐えきれなさそうでしたので、店内のストーブのそばにおいて、生後四、五日はつきっきりのようにして面倒をみました。
そのお蔭でご覧の通り、元気な子に育ちつつありますが、(画面左)母親との関係がいけなくなりました。
ヤギというのは、生後直ぐに引き離された子に対して育児拒否してしまうことがあるという話は、知り合いの牧場さんから聞いていたのですが、その通りでした。
生後十日程で、安心できる状況になりましたので、それ以降は昼夜いつも母親といっしょにさせているのですが、このちびお(と仮称で呼んでいるのですが)が、おっぱいに吸い付こうとすると邪険に追っ払うのです。一方のでかお(と仮称で呼んでいるんですが)の方にはいつも、どうぞどうぞなんです。そのちびおの怖じ気づいて、寂しそうな様子ときたら。こんな場面ではひともヤギも、何の子もみな同じでしょう。辛いでしょうね。
本能的に見切りをつけてしまった子には、その後遅れて丈夫に育ち始めても、もう決して「良かったねぇ。」ではないんですね。少なくともうちの今回の母ヤギについての話ではありますが。
ですけれど、カノンのために弁明もしておきますが、二年前、肛門がなくて生まれて来た、つまりは大腸が出来きれずに生まれて来た子がいて、生後二日で死んでしまったのですが、その子が動かなくなってしまったのを心配する様子や、やがてもう「別の物」になってしまったらしいと感づいていながらも
埋葬されるとなると、悲しげに泣く様子には、心打たれました。
さてそんなことで、皆さんにんげんは、でかおもちびおも共に可愛がりにお越し下さい。(よだ やぎもつらいよ すろうりぃ記す)  

by satoyama-06 | 2013-04-17 22:55 | あにまるず
2013年 03月 19日

一年が過ぎました。

b0120165_21222921.jpg

のんが犬の天国に旅立ってから一年が過ぎました。
お花もメッセージも頂きました。たくさんの方達の思い出に深く刻んでいただいている幸せなのんです。(よだ はるのおひがん すろうりぃ記す)

by satoyama-06 | 2013-03-19 21:31 | あにまるず
2013年 01月 13日

いきる力

たまにふと思い出すことがあります。
それは、のんがちょうど去年の今頃診察した時に正式になんと言うのか忘れてしまいましたが
人が普通に「ちょっと気持ち悪いなぁ」と思う吐気の
数百倍の気持ち悪さを持っていたことが分かりました。
獣医さんに、「想像を絶するくらいの吐気、気持ち悪さに襲われているはず。これで毎日ちゃんと食べているのが不思議だ」と言われました。
のんは病気になっても毎日ちゃんと食べてえらいね〜と私たちも話していたのですが
まさかこんなに食べることが困難な状況だったとは思っていませんでした。
その驚きの数字をたまに思い出して
のんはなんでそんな状況で食べていたんだろうと思うことがあるんです。

それはきっと
病気の細胞がご飯を食べさせまいとしても
のんは生きる為に食べる、それだけのことだったのですね。

だんだん量は減っていても、天国に還るその日までちゃんと食べていました。
むしろ天国に還る日が一番いっぱい食べていました。
最後の力を振り絞ってがむしゃらに食べていました。
のんの生きようとする力は病気なんかには負けていなかったのです。
のんの意志ではなく、生命が最期の最期まで生きることを望んでいたのだなぁと思う今日この頃です。

生きようとする力ってすごい!


b0120165_1451666.jpg

この写真はジグのごはんから盗んだ人参を、両足ではさんで一生懸命かじりついている所です^^

小娘

by satoyama-06 | 2013-01-13 01:48 | あにまるず
2012年 12月 29日

のんちゃん観音 雪の参道

b0120165_9184855.jpg


by satoyama-06 | 2012-12-29 09:20 | あにまるず
2012年 10月 18日

秋に想う

b0120165_21184747.jpg

秋の夜長の徒然に来し方の写真等見ておりましたら,のんのこんな写真を見つけました。ひょっとしたら以前皆さんにご覧頂いた事があるかもしれませんが、季節もちょうど一年前に近く,皆さんにもご覧頂くことにしました。
落ち葉が降り敷いた中、こちらにきちんと視線を合わせて座るのん。首には霊験新たかな安曇野仁科神明宮の護符をつけています。穏やかないい表情です。(よだ かたはらのあきくさ すろうりぃ記す)

by satoyama-06 | 2012-10-18 21:30 | あにまるず
2012年 08月 14日

あら、ぼん。

今日はのんさんの新盆です。
姉妹のくぅちゃんがお線香をあげにきてくれました。
b0120165_11104412.jpg


ありがとうくぅちゃん!とってもいい顔してるね〜!
私がお墓の前に座ると、くぅちゃんがそわそわ....
どうしたと思ってくぅちゃんの目線の先を見ると....

b0120165_11224667.jpg


お供え物を置くお皿!
そしてカピカピのお団子がない!ビーフジャーキーもない!笑

まぁのんちゃんもくぅちゃんに食べられたなら許してくれるかな?
そんなのんちゃんのお墓にはすろうりぃ氏が作った不格好なピーマン馬があります。
何かと思うくらい不格好です。こんなんで乗って帰ってこれるかな〜?
なんてくぅちゃんの家族と話していたら
「犬が馬に乗って帰ってくるって変だね〜笑 馬に乗らなくても帰ってこれそうじゃない」
と言う話になりました。確かに。
もしかしたらのんちゃんを迎えに行ったはずの不格好ピーマンを
逆にのんちゃんがあまりの不格好さに見かねて背負って帰ってくるかもしれないですね。
変なの。笑

のんちゃんが旅だって早5ヶ月になろうとしています。
今でものんちゃんがいると思って来店してくれる人や
お店にくると必ずお墓に寄ってくれる人がいて嬉しい限りです。


のんちゃん、お帰り〜♡
b0120165_11415183.jpg


by satoyama-06 | 2012-08-14 11:46 | あにまるず