小諸 里山の愉しみ

satoyama06.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:未分類( 324 )


2015年 05月 13日

森の図書館

来週23日(土)の安藤百福センターでのイベントで森の図書館コーナーがあります。
読書の森でも出展させて頂くことになりました。食べ物、ワークショップ他いろいろありますので是非みなさんおでかけください。
以下は、読書の森で出展する「森の図書館コーナー」のコンセプトです。
http://momofukucenter.jp/treehouse/未分類/15.html
●読書の森(森の図書館)
昭和二、三年刊行の新潮社世界文学全集
物心ついた頃には、実家の作り書架に並んでいた本達。その背表紙の文字を見るだけで、一種不思議な世界に連れて行かれる気がしたものだ。
例えば「ワ」に点々のついた文字。さて、これはどう讀むんだろうか。あるいは「沙翁」。これは「シェークスピア」。ページを繙けば、上下二段組み、本字本かな遣い(旧字旧かな遣い」とは、言うまい。)もちろん活字組は細かい。明らかにこの全集の影響で、わたくしは、日本語の表記にいつては、保守主義である。
例えば、『復活』だったか、『罪と罰』だったかを、この全集で讀んだ後、新字(戦後大いに略されてしまった漢字のことだ。)新かな遣いで讀んだことがある。その時、はっきりと同じ文学作品でも、読み取れる深みに違いがあることに気がついた。考えてみれば当然の事だ。表意文字である漢字の、そのまさに意味を為す部分を切り捨てて略字にしてしまっ
たら、文字通り意味を為さなくなる。それが一字や二字のことではなく、長編の凡てに亘って略字が遣われるのだ。
その当時の文学作品に対する出版社の敬意というものについても個々の文学作品を讀むのと同時に感じ取っていたように思う。装丁、「外題」、レイアウトなどなど、凡てに亘って好ましく思えたものだ。
この全集はわたくしの父親の生まれた頃、ほぼ90年近く前の刊行である。生涯を通じて文學好きであった父親が、小青年時代に買い継いでは讀んでいたものである。
この全集をば、「読書の森」が開店する際、貰い受けることができた。本棚は、祖父が欅で作ったものだ。読書の森の開店以来、この全集と其の全集を並べる本棚は、入り口近くに不動の位置を占めている。たぶんわたくしが店に立っている間は、そこに有り続けることだろう。読書の森の原初的なイメージはこの全集と、その本棚にある。
そう、これはまさしく個人的にも読書の森でもなくてはならない始まりの書籍群なのである。
平成27年皐月吉日 依田 すろうりぃ識す

by satoyama-06 | 2015-05-13 17:56
2014年 10月 02日

10月のお楽しみ、皆さん、老いも若きも、こぞって、小諸の読書の森に遊びにいらっしゃい!

b0120165_8283847.jpg

長年行き来をしている、小諸の茶房・読書の森は面白いところです。森というよりは丘の上に建つ茶房で、もももという絵本の部屋、アトリエモンデンキントという奥さん恵さんの織りの工房、たくさんの古い本があり、皆が集まる、茶房、宿泊のできるパオ、ストローベールハウス、土壁ハウス、征三ハウス(田島征三さんによる絵が描かれている)さらには、昨年新潟の木の実の美術館から移築された、ロバの音楽座の松本雅隆さんと田島征三さんによる、どうらくオルガン♪どうらくオルガン♪の楽しさ、面白さ、存在感は、実際に見ないとわからない。とにかくデカイ。風を使っているのも面白い。
さて、本論に入るが、
この、茶房・読書の森で、二年ぶりに個展を開催する。
楽しい、イベントもあるので、皆さん、老いも若きも、こぞって、小諸の読書の森に遊びにいらっしゃい!
山口マオ個展
『山口マオ・絵本と絵画、その表現と哲学の世界』
わにわにの哲学、あむの哲学、それぞれにそれぞれの哲
学がある
2014年10/2(木)~11/3(月祝)
10:00~18:00☆ほぼ無休?
イベント
☆10/11(土)13:00~わにわにライブペイント
音楽を聴いて、みんなで巨大わにわにを描こう!、
♪音楽・荻原崇弘
18:00~
山口マオ・幻燈わに語り(薩摩琵琶語りあり1000円)
19:00か19:30~パーティー2500円宿泊2500円
☆10/12(日)10:00~15:00
山口マオの一日版画教室(材料費込3000円)
その日のうちに、下絵、トレース、彫り、刷り
仕上げまで完成させます。(最大延長17:00)
♡付近には、浅間山を臨む、温泉・あぐりの湯や、
牛に引かれて善光寺参りの逸話のある、布引観音
温泉もあります。山口マオ
b0120165_836123.jpg


by satoyama-06 | 2014-10-02 08:39
2014年 09月 03日

9月のお知らせです。

b0120165_939318.jpg


カフェ「マゼコゼ」(長野市)の店主にして美学創造舎代表、小池雅久さんのワークショップが、来る9月13日(土)どくしょ森は「ミシェルの森」の中で開かれます。どなたにもけしてむつかしいことはありません。大きなくぬぎの木の太い枝に作られる物は?参加してのお楽しみ。
午後1時開始 参加費2,500円 定員15名 
夜には会食と懇親を兼ねて、小諸は左官の専門店(「東信建材」)店主のお話をお聴きします。夕方の6時半からです。参加費2,000円 当日宿泊希望の方は別途2,000円

b0120165_940919.jpg


b0120165_9405685.jpg


b0120165_9422839.jpg


by SATOYAMA-06 | 2014-09-03 09:41
2014年 05月 16日

すごいイベントぞくぞく!

b0120165_6431952.jpg

今月、来月のイベントをまとめて大広告致します。
まずは志賀 泉トーク&映画『原発被災地になった故郷への旅』。志賀さんは南相馬市出身で、太宰治賞受賞作家です。この作家が映画の中で、また映画の後、思いのたけを語ります。

b0120165_6425092.jpg

「昆虫写真家 海野和男さんと御牧を歩こう」
午後1時集合 会費1000円(飲物付き)子供無料 NPO法人 虔十公園林の會主催
b0120165_6401871.jpg

「ケニヤよりジャンボ」
ケニヤ在住の日本人の兄妹達がケニヤのアフロミュージックを演奏します。彼等はケニヤの子供達のための駆け込み寺「マゴスクール」を建設運営しています。そのメンバー達がケニヤの子供達のために熱く演奏し、語ります。(よだ みんなでみんなさんかしよう すろうりぃ記す)

by satoyama-06 | 2014-05-16 07:24
2014年 03月 05日

雪かきは続くよ、いつまでも

b0120165_20474649.jpg

今週末のイベント,「街道を見る」と「土壁塗りワークショップ」のためもあって、本日も雪かきに精を出しました。
b0120165_2055484.jpg

日中多少汗ばむ程になりましたので、上着をベンチに掛けて作業をしておりますと、ベンチの上着どうしが挨拶 するのが聞こえて来ました。
「よう、精が出るなぁ。」「まあ、ぼつぼつです。」「はははっ。」「ははっ。」(よだ おれがせいだいてるんだよ すろうりぃ記す)

by satoyama-06 | 2014-03-05 07:52
2014年 02月 22日

上の雪・中の雪・下の雪

b0120165_1885444.jpg

上の雪 重たかろうな 
中の雪 上の雪の分まで重たかろうな
下の雪 上の雪と中の雪の分まで重たかろうな
(よだ ぜいぜい すろうりぃ記す)

by satoyama-06 | 2014-02-22 18:11
2014年 02月 14日

元H²Oの赤潮正樹さんとのビートルズ対談

みなさん、昭和の名曲の一つに数えられる『想い出がいっぱい』はご存知ですね。少なくともメロディと詩を聴けばすぐ分かりますよ。
さてその曲を歌ったデュオ元H²Oのお一人、赤潮正樹さんとは以前から楽しくお付き合いさせてもらっていますが、このたび赤潮さんとのビートルズ対談がユーチューブにアップされました。皆さん、よろしかったらぜひご覧になってみて下さい。シリーズになっていくと思うのですが、その記念すべき初回として昨年11月のポールの日本公演が熱く語られています。
まだその対談の編集段階のものを最初に見せてもらった時、自分達のことながら、他人事みたいに、この人達ほんとにビートルズが根っから好きなんだなぁ!と、思わず好感を持ってしまいました。
まあ、何はともあれご一見下さい。撮影・編集は坂口賢一さん。(よだ すじがねいりふぁんの すろうりぃ記す)    
PS 対談では室内で着ていなくてもいい革ジャンなんか着ているのですが、これは公演に行った時の服装なんです。
http://youtu.be/Dgj4DkaDFAc
b0120165_1891994.jpg


by satoyama-06 | 2014-02-14 18:13
2014年 01月 09日

薪壁

b0120165_21525966.jpg

ブックエンドならぬ「薪エンド」を作って両端に置いて、積んだらこんな薪壁風になりました。この素材感、う〜ん、たまらない。
これを増殖系にして、「薪の長城」風に野原を越え、どうらくオルガンを巡って、林に降りていき、最後は池に沈んでいくとかしたらどうだろうとか、しばし得意の妄想にふけってみました。(よだ もうそうおじさん すろうりぃ記す)

by satoyama-06 | 2014-01-09 22:05
2014年 01月 01日

御牧の丘かからお年賀の挨拶

b0120165_905110.jpg


新春を言祝ぎ、今年1年の皆様のご多幸をご祈念申し上げます。

昨年はお蔭さまで、特にはどうらくオルガンを巡って、たくさんのすばらしいことと人達に出会えた年でした。

今年はですね、聞きます所、ロバ年だそうでして、わたくしすろうりぃめも、坂本ゆう馬になったつもりで、すっごく頑張るぜよ!

by satoyama-06 | 2014-01-01 08:59
2013年 11月 20日

贅沢 北川フラムさんの講演24日ですよ。

b0120165_6593673.jpg


北川さんのお話聞けるのはとても勉強になるとおもいます。

by satoyama-06 | 2013-11-20 06:59