小諸 里山の愉しみ

satoyama06.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 01月 09日

薪壁

b0120165_21525966.jpg

ブックエンドならぬ「薪エンド」を作って両端に置いて、積んだらこんな薪壁風になりました。この素材感、う〜ん、たまらない。
これを増殖系にして、「薪の長城」風に野原を越え、どうらくオルガンを巡って、林に降りていき、最後は池に沈んでいくとかしたらどうだろうとか、しばし得意の妄想にふけってみました。(よだ もうそうおじさん すろうりぃ記す)

by satoyama-06 | 2014-01-09 22:05


<< かたはらのキセルの語るらく      御牧の丘かからお年賀の挨拶 >>