2012年 03月 13日

「すべて」と「なべて」

b0120165_23472891.jpg

本日美大生女子が読んでいた宮澤賢治に関する論文の中に「なべて」という言葉が出てきたと。それはどういう意味だと聞かれるので,今や,完全に文語となっている言葉で,「すべて」という意味だと答えますと,その論文の中では,「すべて」ということばも使われているが,どういう意味合いの違いがあるのだと追求されたので,辞書を持ち出す騒ぎになり,「なべて」は「並て」、「すべて」は「凡て」「統て」「全て」。前者はいろいろあるものを並べて結果として全部になるのに対して「すべて」はその個々の差に最初から意識が向かっていない、つまりは英語のeachとeveryの違いみたいではないかと息もぜいぜいこたえますと、では例文を言ってみろと。う〜ん、う〜ん。
それが例の偉大なじじとばばもいる席で。「すべからく」ということばもあるし、「おしなべて」ということばもある。これらとの関連は如何?とか話はいよいよ困惑の極みに近づき,では今晩はここまでの探求ということにして、という矛の収まり方になりました。(よだ すべてなべてことばはむつかしいのかな すろうりぃ記す)

by satoyama-06 | 2012-03-13 23:50


<< のんちゃん、犬の天国へ還る      信濃毎日新聞にでました >>