小諸 里山の愉しみ

satoyama06.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 12月 24日

宮川医師によるバングラデシュ医療活動報告會

b0120165_19152043.jpg

本日午後は読書の森はもももの部屋にて、JOCS(日本キリスト教海外医療協力会)の宮川眞一医師によるバングラデシュ医療協力の活動報告會が開かれました。
すろうりぃも店の合間をぬって聴かせていただきましたが、実はまず個人的な感想として、そのお話振りに聞き惚れてしまいました。それは宮川さんのお話振りが面白いとかいうのではなく、そのベースに流れる言霊の調べが、あまりに柔らかく、暖かでこのベールにくるまれる心地よさに自ずと和まされたということです。
そんなに敏感に感じられるほどではなくとも、人が話すとき、そのことばはその話の内容を伝えるのみでなく、その人柄と雰囲気を同時に語っているものですが、、聞き惚れるほどに調和されたことばに浸れるチャンスに恵まれるというのは、とにかく嬉しいものです。
お話もスライド・パソコンを利用しての視覚的にも分かりやすく工夫して下さっていました。その内容も、すべてバングラデシュの医療の状況について過不足なく端正で、それでいて、この道を志してからの長らくの信念も、実際の医療協力活動で得た身近で、しかも本質的な発見も盛り込まれた、心の奥底まで響くお話でした。
バングラデシュは、皆さんもご存知のとおり、肥沃な土地ではありながら、水害に見舞われやすく、國全体も民族、宗教の複雑な問題も抱えて多事多端な状況にあります。
私たちもこの信頼やまぬ宮川医師とこの方を支える方達を通じてこの國の困難な状況にある人達にほんの少しずつでもお役にたっていこうと改めて強く思ったしだいです。
因みにその具体的活動として、読書の森でも古切手の回収を常時行っていきますので、どんな切手でも役立つそうですから、どうぞこのお話を思いだしたときには一枚でも二枚でもお持ち下さい。(よだ やくにたつってうれしい すろうりぃ記す) 

by satoyama-06 | 2008-12-24 20:00


<< 明るい方へ      サプライズプレゼント!!! >>